アデル(Adele)

2013年10月 1日 (火)

アデル、故ダスティ・スプリングフィールド役で女優デビュー!?

アデル

アデルが、ダスティ・スプリングフィールドを演じるための交渉中だ。この作品は、人気ドラマ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」のデヴィッド・ステンが脚本執筆を担当すると噂されている。さらに、2014年の末から2015年の初頭にかけて撮影が開始される可能性があるとか。アデルは以前にも、自らの音楽の最大の影響者の1人としてダスティを挙げていたほどだが、ニコール・キッドマンもイギリス人ソウル歌手として活躍したダスティを演じたいと名乗り出ている。そのため、役柄獲得を巡って競争が繰り広げられると予想されている。この作品では、アトランティック・レコードと契約を結び、名盤「ダスティ・イン・メンフィス」のレコーディングのためにテネシー州メンフィスに移住した1968年頃のダスティが描かれるようだ。

2013年8月14日 (水)

アデル、新作アクション・スリラー『The Secret Service』にカメオ出演!?

アデル

アデルが新作アクション・スリラー『The Secret Service』で悪役として出演して欲しいとラブコールを受けたようだ。マシュー・ヴォーン監督がメガホンを取る本作は、これまでにもデビッド・ベッカムやエルトン・ジョンなど映画界以外のスターがキャスト入りするという噂が出ているが、今回、アデルがすでに悪役としてのカメオ出演を決めたと伝えられている。大作シリーズを狙うヴォーン監督にとって、ビッグネームのアデルはもってこいの人物とみられているものの、アデル側は現在のところノーコメントで通している。コリン・ファースとマイケル・ケイン演じるスーパーエージェントたちがサミュエル・L・ジャクソン演じる悪役一味と対峙するというストーリーで、一流スターたちがカメオ出演を果たし、豪華共演が実現することになっており、トム・クルーズやレオナルド・ディカプリオにも声がかかっているという。

2013年5月13日 (月)

アデル、家具はリサクイクルショップで調達

アデルアデルは、自宅のために中古家具を購入しているそうだ。「スカイフォール」など数々のヒット曲を持つ大金持ちのアデルだが、生後7か月の息子アンジェロ君の父親でもあるパートナーのサイモン・コネッキーと共に、南イングランドのサセックスに所有する自宅の客間を飾り立てるのに数々のリサイクルショップからお買い得品を見つけているのだという。ある関係者はザ・サン紙に「アデルは普通の女子と一緒で、お買い得品が大好きなんです。地元での買い物の方が好きですし、リサイクルショップに行くというのも当然というわけです。」と説明する。家具に費やす予算を抑えているアデルだが、自宅に向けた他のオブジェには大金をはたいている。先月アデルとサイモンはアンディ・ウォーホルの作品に高額を支払っており、今後もダミアン・ハーストの作品やバンクシーのグラフィティも購入する予定だという。また、現在24歳のアデルは先日、その自宅のためにパックマンやスペースインベーダー、それにピンボール2台を含む80年代のアーケードゲームの購入に1万5000ポンド(約230万円)も費やしていた。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ