アダム・サンドラー(Adam Sandler)

2016年1月15日 (金)

最低映画を決定するラジー賞のノミネート発表

ケヴィン・ジェームズ最低映画を決定するラジー賞ことゴールデン・ラズベリー賞のノミネートが発表された。アカデミー賞前日に毎年発表される同イベントでは『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』『ジュピター』『ピクセル』『Paul Blart: Mall Cop 2』『ファンタスティック・フォー』が6部門で最多ノミネートとなった。ちなみにアダム・サンドラーは『ピクセルズ』と『靴職人と魔法のミシン』での演技により5年連続で最低男優賞にノミネートされており、さらには最低スクリーン・コンボ賞にも名前が挙がっている。『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』のジョニー・デップと『ポール・ブラート:モール・コップ2』のケヴィン・ジェームズもアダムと同じく最低スクリーン・コンボ賞と最低男優賞の2部門にノミネートされており、最低スクリーン・コンボ賞には『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のジェイミー・ドーナンも選出されている。

2014年12月22日 (月)

アダム・サンドラー、ソニーの流出メールで侮辱されていたことが発覚!

アダム・サンドラーアダム・サンドラーが、ソニーの重役からバカ呼ばわりされていたようだ。アダムは新作映画に向けた2億ドル(約239億円)の出演料と製作スタッフの友人の1人の昇給を要求したことで、ソニー・ピクチャーズのエイミー・パスカル共同会長から激しく非難されていたことが流出したEメールで明らかになった。同社の重役たちは、アニメ映画『モンスター・ホテル2』の製作過程におけるアダムの態度に怒りを覚えていたようだ。また、ソニーのモーションピクチャー・グループのダグ・ベルグレード氏によるメール内では、アダムが以前ほど成功していないことから苛立ちを感じているのだろうと書かれていた。

2014年1月20日 (月)

ラジー賞で『グロウン・アップス2』が最多8部門ノミネート!

アダム・サンドラー『グロウン・アップス2』が、今年の第34回ゴールデンラズベリー賞で最多ノミネートとなってしまった。アダム・サンドラー主演の同コメディ作は、アカデミー賞直前にその年最低だった映画を決める通称・ラジー賞で、不名誉にも8部門の候補に挙がった。アダムが脚本とプロデュースも手掛けた『アダルトボーイズ青春白書』の続編で、最低作品賞をはじめ最低続編賞、最低脚本賞、最低アンサンブル・キャスト賞らにノミネートされている。また、アダムが最低主演男優賞に、共演者のテイラー・ロトナーとサルマ・ハエックがそれぞれ最低助演男優賞と最低助演女優賞の候補に挙がっており、監督のデニス・デューガンも最低監督賞へノミネートされ、全8部門にリスト入りしてしまった。

2013年12月13日 (金)

アダム・サンドラー、フォーブス誌の「ハリウッドで最もギャラを貰いすぎの俳優」で1位に

アダム・サンドラー アダム・サンドラーが、フォーブス誌による「ハリウッドで最もギャラを貰いすぎの俳優」で1位に選ばれてしまった。最新作『俺のムスコ』『ジャックとジル』に駄作のレッテルを貼られてしまったアダムは、出演作の興行成績は振るわないことが露呈しているにも関わらず、そのギャラは未だに高いことが指摘されてしまった。同誌によると、アダムが主演する作品群では、アダムに1ドル(約100円)のギャラが支払われる毎に平均3.40ドル(約350円)しか作品の収入が出ない計算だという。そんなアダムに続いては、僅差でキャサリン・ハイグルが2位に入っている。『キラーズ』『ワン・フォー・ザ・マネー』などの映画作品がコケてしまい、CIAをテーマにしたNBC局の新シリーズなどに出演し何とかテレビ界に復帰しようと必死なキャサリンであるが、1ドルのギャラに対して平均3.50ドル(約360円)の売り上げとなっている。キャサリンは、昨年の同ランキングでも2位になっていた。

2013年9月24日 (火)

アダム・サンドラー、『The Cobbler』でコメディーから脱皮!?

アダム・サンドラー

アダム・サンドラーが、新作のインディー作品『The Cobbler』に出演するための交渉中だ。トーマス・マッカーシー監督がメガホンを取る本作はアダムにとってお馴染みのコメディーではなく、他の人々の人生相談に乗る靴の修繕屋が主人公の人情劇だ。トーマスはこれまで、『WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々』『The Station Agent』などの作品を発表し、インディー作品としては異例のヒットを記録しただけでなく、高い評価も得てきている。アダムが出演契約を結んだ場合、出演すると噂されているジェイソン・ライトマン監督の最新作『Men, Women & Children』の前に、この作品の撮影に取り掛かる見込みだ。『Men, Women & Children』はチャド・クルトゲン原作の同名ベストセラー小説を映画化する作品で、ジェニファー・ガーナーも共演予定だ。

2009年11月12日 (木)

アダム・サンドラーが、『Jack And Jill』で双子の兄妹を演じる!

アダム・サンドラーが、新作のロマンティック・コメディ『Jack And Jill』で、双子の兄妹を演じることが明らかになった。サンドラーが設立した製作会社ハッピー・マディソンが製作を務める同作で、サンドラーは、タイトルのジャックという男性だけではなく、女装してジルという女性も演じるそうで、大いに話題になりそうだ。なお、ストーリーの詳細は明らかにされていないが、来年から製作が開始され、公開は2011年予定になっている。

2008年8月 7日 (木)

昨年1年で最も稼いだ俳優に選ばれた億万長者は!?

米フォーブス誌が発表したところによると、2007年6月1日からの1年間で、最も稼いだ俳優は、ウィル・スミスだった。8作品連続で1億ドル以上を稼ぎ出したのは歴代でもウィルだけで、『幸せのちから』『アイ・アム・レジェンド』などが大ヒット。1年で約8000万ドルを稼いだそうだ。以下2位はジョニー・デップの7200万ドル、3位はマイク・マイヤースとエディ・マーフィの5500万ドル、5位はレオナルド・ディカプリオの4500万ドル、6位はブルース・ウィリスの4100万ドル、7位はベン・スティラーの4000万ドル、8位はニコラス・ケイジの3100万ドル、9位はウィル・フェレルの3100万ドル、そして10位はアダム・サンドラーの3000ドル。日本とは、かなり人気俳優が違うようだ。

2008年6月 4日 (水)

アダム・サンドラーが、2児の父親に

アダム・サンドラーが、2児の父親になることが明らかになった。本人がトークショーで語ったところによれば、妻のジャッキー・ティトンは現在妊娠3ヵ月半で、11月中旬頃出産予定だそうだ。2人には既に2歳になる娘がいるが、サンドラーは2人の子供の父親になるのが今から待ち遠しく、11月まで待てないとまで言っている。なお、第2子の性別は明らかになっていないが、今度は男の子が欲しいようだ。

(C)Scott Gries/Getty Images




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ