アッバス・キアロスタミ(Abbas Kiarostami)

2016年7月 6日 (水)

イランを代表する監督アッバス・キアロスタミが死去

アッバス・キアロスタミイランを代表する映画監督のアッバス・キアロスタミが76歳で死去した。『桜桃の味』では1997年にカンヌ国際映画祭のパルム・ドール賞を受賞した経歴を持つキアロスタミ監督が7月4日(月)、ここ数か月間に渡って何度も手術を繰り返した胃腸がんの闘病生活の末帰らぬ人となった。キアロスタミ監督の友人でもあるアスガル・ファルハーディー監督はキアロスタミがただの映画監督ではなく、作品作りにおいても私生活においてもとても神秘的な人物だったとし、新進監督たちのために道を作っていたとその死を惜しんだ。キアロスタミ監督の代表作には『友だちのうちはどこ?』『トスカーナの贋作』『ライク・サムワン・イン・ラブ』などがある。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ