アーロン・ポール(Aaron Paul)

2019年2月25日 (月)

『ブレイキング・バッド』のアーロン・ポール、サン・ヴァレー映画祭で表彰へ

アーロン・ポール『ブレイキング・バッド』のアーロン・ポールがサン・ヴァレー映画祭で表彰される。アーロンは来月15日にアイダホ州で開催される同イベントで、映画やテレビ業界での業績を評価され、パイオニア賞が贈られると発表された。アーロンは、ノースダコタ州の農家に匿われる逃亡犯を演じ、併せてプロデューサーとしても携わっているクリストファー・キャントウェル監督作『The Parts You Lose』のワールドプレミアに出席するほか、自身のキャリアに関するパネルディスカッションに参加する予定だ。この映画祭では、メグ・ライアンが「創造性のヴィジョンを実現するために必要とされる鋭い洞察力や影響、自発性などを発揮した業界のアイコンを称える」ヴィジョン・アワードを受賞する。

2019年2月18日 (月)

アーロン・ポール、映画版『ブレイキング・バッド』出演決定!?

アーロン・ポールアーロン・ポールの映画版『ブレイキング・バッド』出演が決定したようだ。2008年から2013年に放送された同人気ドラマでジェシー・ピンクマン役を演じたアーロンが、映画版でもその役を続投するという。ジェシーに焦点を当てたドラマ版の続きとなるストーリーになるようで、ネットフリックスで放送後、AMC局でもオンエアされる予定だ。発案者であるヴィンス・ギリガンが引き続き映画版にも参加しており、監督と脚本をはじめ、マーク・ジョンソンとメリッサ・バーンスタインと共に製作総指揮も務める見込みとなっている。一方で前作で化学教師からドラッグ界の大物へと姿を変える主役のウォルター・ホワイト役を演じたブライアン・クランストンは先日、映画版が製作中であることを認めながらも、自らが出演することになるかは分からないとコメントしていた。

2017年9月22日 (金)

アーロン・ポール、第1子が誕生へ

アーロン・ポールテレビドラマ「ブレイキング・バッド」のアーロン・ポールに第1子が誕生予定だそうだ。アーロンはインスタグラムに、妻ローレン・パーセーキアンが大きくなったお腹に手を当てている写真をアップして、ローレンが1人目の子供を妊娠していることを発表した。音楽フェスティバルで出会ったという2人は、自宅でゆっくりすることが休暇のようだと感じるそうで、家にアーティストを呼んでコンサートを開いてもらうと以前アーロンが話していたが、今回のおめでたニュースの少し前には、子作りについてはまだちゃんと考えておらず、親になることは急いでいないとコメントしていたばかりだった。

2014年1月24日 (金)

アーロン・ポール、スティーヴン・キングの小説「ダーク・タワー」映画化作品への出演交渉中

アーロン・ポールアーロン・ポールが、スティーヴン・キングの長編小説「ダーク・タワー」の映画化作品へ出演交渉中のようだ。「ブレイキング・バッド」への出演で知られるアーロンが、監督を担当するロン・ハワードと、同作の主要登場人物の1人エディ・ディーン役で出演の交渉中だという。アーロンはこの作品への出演の件で何度も交渉を重ねていて、「ブレイキング・バッド」の大ファンだというロンとのミーティングを終えたばかりだと語っている。「ダーク・タワー」はユニバーサル・スタジオが映画化を断念し、その後2012年8月にワーナー・ブラザーズが映画化を発表したものの、数週間で再びお蔵入りになった経緯があるが、ロンは映画化の計画はいまだに進んでいると話していた。

2013年11月26日 (火)

アーロン・ポール、新作『Fathers and Daughters』でアマンダ・サイフリッドと再共演へ

アーロン・ポール

人気ドラマ「ブレイキング・バッド」でおなじみのアーロン・ポールが、新作『Fathers and Daughters』でラッセル・クロウ、アマンダ・サイフリッドらと共演することになった。本作はニューヨークを舞台に25年もの間、疎遠状態が続いている父と娘の物語。ラッセルは妻に先立たれた著名な小説家で、精神を病みながらも残された5歳の娘を育てようと奮闘する主人公を演じ、アマンダは、現代のマンハッタンで自らの暗い生い立ちの影響に苛まれながら生きる成長した娘を演じる予定だ。また、今回出演契約を結んだアーロンは、米HBO局のドラマ「Big Love」でアマンダと共演した時と同様に、本作でもアマンダの相手役を演じる。そんなアーロンの次回作はドリーム・ワークスの最新作『Need for Speed』で、現在はFox製作の旧約聖書に登場するモーゼの伝記映画『Exodus』を撮影中だ。

2013年8月30日 (金)

アーロン・ポール、リドリー・スコット監督作『Exodus』でクリスチャン・ベールと共演!?

アーロン・ポール

アーロン・ポールが、リドリー・スコット監督、クリスチャン・ベール主演で贈る新作『Exodus』への出演間近のようだ。TVドラマ「ブレイキング・バッド」でお馴染みのアーロンは、旧約聖書に登場するモーセをテーマにした本作で、シガニー・ウィーバーやジョン・タトゥーロらと共演する方向だという。『ドラゴン・タトゥーの女』のスティーヴン・ザイリアンが脚本を執筆した本作は、モーセが虐げられていたイスラエルの民を率いてシナイ砂漠へと向かうべくエジプトを脱出し、神がイスラエルの民に与えると約束したとされる「約束の地」を目指すという「出エジプト記(エクソダス)」を描く作品で、クリスチャンがモーセを演じ、アーロンはそのモーセの後継者になるヨシュアを演じる見込みだ。仕事だけでなくプライベートも順調なアーロンは、5月にマリブでローレン・パーセキアンと結婚し、最近になって早く子供が欲しいと語っていた。



最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ