アーロン・ジョンソン(Aaron Johnson)

2017年10月27日 (金)

アーロン・テイラー=ジョンソン、妻サムの最新監督作に出演へ

サム・テイラー=ジョンソン,アーロン・テイラー=ジョンソンアーロン・テイラー=ジョンソン(27)が妻サム・テイラー=ジョンソン(50)の最新監督作に出演するようだ。『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』などで知られるサムと『キック・アス』のアーロンは2012年に結婚、2人にとっては2009年作『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』以来初めて一緒に映画作品を製作することになる。原作となるジェームズ・フライの著作『A Million Little Pieces』は、オプラ・ウィンフリーのブッククラブで取り上げられたことで注目を浴びていた。この作品は当初、回顧録として出版されたものの、創作の疑いが持たれたことで一部フィクションというカテゴリーに後に変更されている。原作の中ではアルコールと薬物の乱用に悩む23歳の男性が、リハビリ施設での治療に取り組む姿が描かれる。

2012年8月24日 (金)

ジム・キャリー、『Kick-Ass 2: Balls To The Wall』に出演!?

ジム・キャリージム・キャリーが『キック・アス』の続編のオファーを受けているようだ。原作の大ファンだというジムは、ジェフ・ワドロー監督が手掛ける『Kick-Ass 2: Balls To The Wall』で、ちぐはぐのスーパーヒーロー達を招集するザ・カーネル役をオファーされているという。クロエ・モレッツ、アーロン・ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ニコラス・ケイジらが続投する予定で、ドナルド・フェイソンが誇大妄想の生徒のドクター・グラヴィティー役として、さらにジョン・レグイザモがレッド・ミストのボディーガードであるハビエル役で新たに出演予定。そんなジムは『The Incredible Burt Wonderstone』の撮影が完了したばかり。ユニバーサル・ピクチャーズは『Kick-Ass 2: Balls To The Wall』を来月にもクランクインさせる予定で、来年6月の公開を目指している。

2012年5月14日 (月)

『キックアス2』が今年撮影開始に

キックアス『キックアス2』の撮影が、年内にも開始されるようだ。続編の監督には、同作の脚本を担当しているジェフ・ワドロウがユニバーサル側から打診されていると伝えられており、ジェフの監督起用には前作で監督を務めたマシュー・ヴォーンも承認しているようだ。ユニバーサルは、第1作に出演したアーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセらに出演交渉中のようで、全員がそれぞれの役柄で再演を果たすものと予想されている。マシューは同続編でプロデューサーを担当するものの、同時に『X-MEN: ファースト・クラス2』に関わっていることから監督として続投することが難しいようだ。

2012年2月24日 (金)

『キック・アス2』がこの夏にもクランクインへ

キック・アス2010年に公開され日本でも話題となった『キック・アス』の続編『Kick-Ass 2』が今夏にも撮影されるようだ。スーパーヒーローになることを決意するギークの少年を描いた同名コミックの作者マーク・ミラーが発表したところによると、この夏にもこの続編と『American Jesus』という新作の2作が製作されるという。ミラーは前作の監督マシュー・ヴォーンが同作に関わることをほのめかしたものの、どんな形でかという具体的な点については明らかにしていない。しかし、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』続編への続投が決定しているため、プロデューサーとしての参加が濃厚であると言われている。現在のところ、続編の監督およびキャストは決定しておらず、配給元のライオンズゲート社から製作についてのコメントは発表されていない。アーロン・ジョンソンがタイトルロールを演じ、ヒット・ガール役のクロエ・グレース・モレッツをブレイクさせた『キック・アス』は、公開時、全世界で9600万ドル(約77億円)の興行収入を上げている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ