« 2021年12月 | メイン | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月31日 (月)

マコーレー・カルキン、ブレンダ・ソングと婚約!

マコーレー・カルキンマコーレー・カルキン(41)が長年の恋人ブレンダ・ソング(33)と婚約したようだ。9か月前に第1子ダコタ君が誕生した2人、ブレンダは最近ビバリーヒルズで左の薬指にダイヤモンドの指輪をしているのを目撃されたという。2017年に交際が明らかになったマコーレーとブレンダは、私生活をあまり公にしてこなかったが、昨年4月の息子の誕生には「喜びで一杯です」と声明を出していた。またブレンダは、昨年8月のマコーレーの40歳の誕生日には、インスタグラムにお祝いの言葉を投稿、その愛の強さを見せていた一方でマコーレーは2018年、ブレンダとの暮らしを楽しんでいる様子を明かしていた。

マーク・ストロングとジョディ・ターナー=スミス、『マーダー・ミステリー2』にキャスト入り

マーク・ストロングマーク・ストロングとジョディ・ターナー=スミスが『マーダー・ミステリー』第2弾に出演する。同新作では、2019年の前作に主演したアダム・サンドラーとジェニファー・アニストンをはじめジョン・カニとアディール・アクタルが続投するほか、メラニー・ロラン、クーホー・ヴァーマ、エンリケ・アルセ、トニー・ゴールドウィン、アニー・マモローらがキャスト陣に名を連ねている。パリとカリブ海で撮影予定となっている同作は、前作に引き続きジェームズ・ヴァンダービルトが脚本を執筆、今回はジェレミー・ガレリックが監督を担う。結婚生活にときめきを取り戻そうと夫婦でヨーロッパ旅行に出かけたニューヨークの警察官ニック(アダム)とオードリー(ジェニファー)が、高齢の資産家を殺した罪を着せられ逃亡を余儀なくされる姿を描いた前作は、配信開始週末にネットフリックス史上最大の視聴数を記録する成功を収めていた。

2022年1月30日 (日)

クリス・エヴァンス、クリスマス映画でドウェイン・ジョンソンと共演へ

クリス・エヴァンスクリス・エヴァンス(40)が、クリスマスを題材にした新作『レッド・ワン』でドウェイン・ジョンソン(49)と共演する。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のキャプテン・アメリカ役で知られるクリスとザ・ロックことドウェインがキャスト陣に名を連ねるアマゾンの同新作は、「ジュマンジ」シリーズのジェイク・カスダン監督により年内に撮影開始の見込みであるという。クリスマスを背景にした同アクション・アドベンチャー作では、ドウェインの製作会社セヴン・バックス・プロダクションズのハイラム・ガルシアの原案を元に「ワイルド・スピード」シリーズのクリス・モーガンが脚本を担う。『レッド・ワン』は2023年のクリスマス時期に向けて公開予定だ。

リア・ミシェル、ソーシャルメディアで息子の顔を初公開!?

リア・ミシェルリア・ミシェル(35)がソーシャルメディアで初めて息子の顔を明らかにした。ドラマ『glee/グリー』で知られるリアは、夫ザンディ・リーチの39歳の誕生日を祝い、セレブ写真家アシュリー・バレット撮影の写真をインスタグラムに投稿するかたちで1歳5か月の息子エヴァー君の顔を一部公開した。白で統一した装いの父子ともにレイバンのサングラスをかけた写真を投稿したリア、2020年8月に誕生したエヴァー君は、これまでにも両親のソーシャルメディアに登場してきたが、顔が見えたのは今回が初めてだ。リアは昨年11月、息子を初めて手渡された時が、自身の人生で本当に最も素晴らしい瞬間だったと語っていた。

2022年1月29日 (土)

『ナイブズ・アウト』第2弾、今秋公開へ

ダニエル・クレイグダニエル・クレイグ(53)が、『ナイブズ・アウト』第2弾が今秋公開される見込みであることを明らかにした。同新作で2019年作『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』に引き続き名探偵ブノワ・ブラン役を演じるダニエルによると、撮影は終了しており、現在ライアン・ジョンソン監督が編集中だという。ケイト・ハドソン、デイヴ・バウティスタ、エドワード・ノートン、ジャネール・モネイ、キャスリン・ハーン、レスリー・オドム・Jr、マデリン・クライン、ジェシカ・ヘンウィック、イーサン・ホークがキャスト陣に名を連ねている。ダニエルは昨年10月、2作目は前作とは「違った」ものになると話していた。

『レザボア・ドッグス』マイケル・マドセン、26歳の息子が遺体で発見

マイケル・マドセンマイケル・マドセンの26歳の息子が遺体で発見された。『レザボア・ドッグス』や『キル・ビル』などで知られるマイケルの息子ハドソン・マドセンがハワイのオアフ島で遺体で発見され、自殺とみられている。ホノルル検察局の発表によると、死因は頭部への銃弾によるものだという。フェイスブックのプロフィールによると、ハドソンは同島のワヒアワ地区で妻と暮らしていたそうで、遺族は計り知れない悲しみと痛みの中、プライバシーの尊重を求めている。アメリカ陸軍に従事したハドソンは、1992年作『レザボア・ドッグス』を監督したクエンティン・タランティーノがゴッドファーザーにもなっていた。

2022年1月28日 (金)

アーノルド・シュワルツェネッガー、多重衝突事故で女性負傷

アーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー(74)が21日(金)、自動車多重衝突事故を起こした。シュワルツェネッガーはロサンゼルスで運転中、サンセット・ブールバードとアレンフォード・アヴェニューの交差点でほかの車に衝突、本人に怪我はなかったものの、この事故により女性1人が病院へ救急搬送された。元カリフォルニア州知事でもあるシュワルツェネッガーが運転していたSUV車GMCユーコンは、トヨタ・プリウスに乗り上げた後ポルシェ・カイエンに衝突、プリウスを運転していた女性が負傷し、病院へ搬送されたという。現在逮捕者は出ておらず、飲酒運転が原因ではなかったと言われている。

プリヤンカー・チョープラーとニック・ジョナスに第1子が誕生

プリヤンカー・チョープラーとニック・ジョナスプリヤンカー・チョープラー(39)とニック・ジョナス(29)に代理母出産で第1子が誕生した。2018年に挙式した2人は、そのおめでたいニュースをインスタグラムで発表、子供の誕生を「この上なく喜んでいる」と伝えた。以前から子供が欲しいと口にしていたプリヤンカーはこう報告している。「代理母出産で私たちに赤ん坊が誕生したことを発表できてこの上なく嬉しいです。家族のことに専念するこの特別な時期に、プライバシーを尊重してくださるようお願いします」プリヤンカーがロンドンでドラマ『シタデル』を撮影中であったため、新型コロナの安全対策により、ニックのいるアメリカの自宅に気軽に帰ることができず、2021年の大部分を離れ離れで過ごしていた2人だが、今後さらに家族を増やすつもりのようだと関係者は明かしている。

2022年1月27日 (木)

『ミッション:インポッシブル』最新作、2023年まで公開延期

トム・クルーズ「ミッション:インポッシブル」第7弾は、2023年まで公開されないという。トム・クルーズ主演の同人気シリーズ最新作は、当初2021年7月に公開予定だったものの、今年5月に延期、その後さらに9月30日へと延期が発表されていた。そして今回パラマウント・ピクチャーズとスカイダンスが、コロナ禍で製作に影響が出ていることを理由に、2023年7月14日の公開を発表したかたちだ。その結果、今年7月の公開が予定されていた第8弾は、2024年7月28日に公開されることとなった。クリストファー・マッカリー監督による第7弾の撮影は、2020年2月にイタリアのベネツィアで開始後新型コロナ感染拡大により中断、最終的に撮影場所をイギリスに移し再開していた。しかしながら、撮影スタッフとキャストの間で感染者が出たことからさらに2度一時中断の憂き目に遭って

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、史上6番目の興行収入を記録!

トム・ホランド『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が映画史上6番目の興行収入を記録した。アンドリュー・ガーフィールド(38)やトビー・マグワイア(46)といった歴代のスパイダーマン俳優が、現役のトム・ホランド(25)と共演していることでも話題のシリーズ最新作が、世界で16億9000万ドル(約1918億円)の興行収入を達成したという。日本での今月公開に先駆け欧米では先月公開された同作は、『ジュラシック・ワールド』の16億7000万ドル(約1895億円)や『ライオン・キング』の16億6200万ドル(約1887億円)といった記録を破ったほか、2019年の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』以来初めて興行収入が10億ドル(約1135億円)を超えた作品となる。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ