« ロンドン映画批評家協会賞、『ノマドランド』と『セイント・モード』が席巻 | メイン | 『ザ・バットマン』、スタントマンがコロナ陽性で撮影に再度の遅れ »

2021年2月20日 (土)

ホアキン・フェニックスとレネー・ゼルウィガーら、ゴールデン・グローブ賞のプレゼンターに

ホアキン・フェニックスホアキン・フェニックスやレネー・ゼルウィガー、シンシア・エリヴォが、2021年度ゴールデン・グローブ賞式典でプレゼンターを務めることが発表された。ティナ・フェイとエイミー・ポーラーの司会により今月28日に米東西両岸で開催される同式典では、昨年『ジョーカー』で男優賞を受賞したホアキンと『ジュディ/虹の彼方に』で女優賞を受賞したレネー、そして『ハリエット』でノミネートを受けたシンシアが、今度は授与する側に回る。さらに『フェアウェル』でミュージカル/コメディ部門の女優賞に輝いたオークワフィナや、『Barb and Star Go to Vista Del Mar』の脚本家であるクリステン・ウィグとアニー・マモローもプレゼンターに決定しており、今後さらなる名前が発表される予定だという。今年のゴールデン・グローブ賞では、映画部門では『Mank/マンク』が6部門で最多ノミネート、一方で、テレビ部門では『ザ・クラウン』が最多ノミネートとなっている。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ