« 「ワイルド・スピード」最新作、全米公開が来年5月に延期へ | メイン | ジェームズ・マカヴォイとクレア・フォイ、新作映画で共演へ »

2020年10月 7日 (水)

クリント・イーストウッド、新作で監督兼主演へ

クリント・イーストウッドクリント・イーストウッド(90)がN・リチャード・ナッシュによる1975年発表小説『Cry Macho』の映画化作品で監督兼主演を担う。2000年に87歳で他界したナッシュが生前にニック・シェンクと脚本を手掛けた本作では、アルバート・S・ラディ、ジェシカ・マイヤー、ティム・ムーアと共にイーストウッドがプロデューサーも務めるという。『Cry Macho』は、メキシコシティで母親と一緒に暮らす少年を誘拐し、自身の元雇い主であるテキサスに暮らす父親の元へ届けて5万ドル(約530万円)を稼ごうと企てる馬調教師マイク・ミロ(イーストウッド)の姿を描く。2018年作『運び屋』以来のイーストウッド出演作となる同新作は、1980年代にもイーストウッド主演兼監督で製作の話が持ち上がっていたが、本人が1988年作『ダーティハリー5』に専念することになり製作へは至っていなかった。その後2000年代には、アーノルド・シュワルツェネッガーが同作に関心を示したものの、2003年にカリフォルニア州知事選に出馬したことから一度保留、2011年にはシュワルツェネッガー主演作として発表されるも製作されていなかった。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ