« 『ワールド・ウォーZ』マーク・フォスター監督、『きかんしゃトーマス』を映画化 | メイン | ジョン・デヴィッド・ワシントン、新作でマーゴット・ロビーらと共演へ »

2020年10月14日 (水)

ケイト・ウィンスレット、仮想通貨詐欺を描く新作出演へ

ケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレットが、実際にあった仮想通貨のスキャンダルを描く新作映画『Fake!』にキャスト入りした。ケイトの出演したスティーブン・ソダーバーグ監督作『コンテイジョン』で脚本を執筆したスコット・Z・バーンズがメガホンを取るこの新作は、ワンコインの詐欺事件を描いたジェン・マクアダムによる著作の映画化となり、マクアダム自らが製作総指揮を務める見込みだ。ルジャ・イグナトワが創設したブルガリアを拠点とした同仮想通貨は、世界中で40億ドル(約4200億円)相当の被害額を出す詐欺を働いたとされている。2017年に米政府によって逮捕状が出されると、イグナトワは姿を消し、同社の重役の大半が逮捕、または行方が分からない状態となっている。著者のマクアダムはこの詐欺行為の被害者であり、友人や家族による投資の結果、30万ドル(約3200万円)近くを失ったそうで、この事件の被害者の支援団体を設立している。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ