« マーティン・スコセッシ、Appleとファーストルック契約 | メイン | 故ダイアナ妃ミュージカル、ブロードウェイ公演前にネットフリックスで配信へ »

2020年8月14日 (金)

ルビー・ローズ、『バットウーマン』降板の理由を明かす

ルビー・ローズルビー・ローズが、人気ドラマ『バットウーマン』の降板理由は背中の怪我であったことを明かした。今年の5月、CW局による同人気番組で演じていたタイトルロールをわずか1シーズンで急遽降板したことで話題になっていたルビーは、当時はその仕事量の多さが理由と言われていたものの、昨年に負った背中の怪我が原因で番組のペースについていくのが辛くなったことが本当の理由だったという。通常では3か月ほど療養するはずが、ルビーは手術の10日後には現場に復帰していたそうで、余計に辛い状況を強いられていたようだ。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりシーズン2の撮影に遅れが出たことから、製作陣と心を開いて話し合う機会が得られたそうで、しっかりと回復の期間を取りたい意向を伝えたそうだ。ルビーの後任には、ジャヴィシア・レスリーが決定しており、ルビーが演じていたケイト・ケインではなく、ライアン・ワイルダーという全く新しいバットウーマンが誕生することになる。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ