« マット・リーヴス、ワーナー・ブラザースとオーバーオール契約 | メイン | ウィル・スミス、妻ジェイダとの現状は「奇跡」 »

2020年7月14日 (火)

「ジュラシック・ワールド」最新作、ロックダウン期間を有効利用

コリン・トレボロウコリン・トレボロウ監督(43)は、外出自粛規制は逆に『ジュラシック・ワールド:ドミニオン』の製作に役立ったと考えているようだ。同人気シリーズ最新作は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い撮影が中断されていたが、その間に撮影済シーンのポストプロダクション作業を終えることができたという。恐竜が出てくるシーンなどに関しては、時間が出来たことにより、締め切りのプレッシャーなしに視覚効果に専念できたと説明している。クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードらが出演する同新作は、ソーシャルディスタンスなど、新型コロナ対策を踏まえて今月中に撮影を再開する予定だ。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ