« 来年度の全米映画俳優組合(SAG)賞、3月に延期へ | メイン | 映画版『メタルギアソリッド』監督、ソリッド・スネーク役をキャスティング中 »

2020年7月 7日 (火)

全米映画俳優組合、マイケル・ベイ新作への出演を警告

マイケル・ベイ全米映画俳優組合(SAG-AFTRA)が、マイケル・ベイによる新作『Songbird』へ出演しないよう組合員に対し警告を出した。新型コロナウイルスが変異を続け感染拡大が収まらない2年後の世界を舞台にした同新作は、パンデミックの中製作が開始される予定となっているが、同組合はこの作品を避けるよう呼び掛けている。組合員に送られたメモの中には、製作側が同組合の手続きを完了していないため、仕事を引き受けた場合には、組合の規則違反とみなされ罰則が与えられると記されている。アダム・メイソンが、サイモン・ボイズと共同執筆した脚本をもとにメガホンをとる同新作には、デミ・ムーアやクレイグ・ロビンソン、ポール・ウォルター・ハウザー、ピーター・ストーメアらの出演が決まっていた。ウイルスが変異を遂げパンデミックが深刻さを増している2年後の世界が舞台の同作品では、稀な抗体を持つ配達員の主人公が、様々な困難を乗り越え、隔離生活を送る恋人と暮らそうとする姿が描かれるそうだ。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ