« 2020年4月 | メイン | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

新作『TENET テネット』、撮影で実物の飛行機を爆破!

クリストファー・ノーランクリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』の撮影で、実際のジャンボジェットが爆破されていたようだ。ノーラン監督は、特殊技術を駆使するよりも、実物を購入したほうが「より効果的」であるという決断に至ったのだと説明している。当初はミニチュアのセットやCGを組み合わせる予定だっというが、製作チームがカリフォルニア州内のロケ地を探している際、使われていない旅客機があることを知ったため、実物を使うというアイデアが浮かんだのだそうで、「衝動買い」のようなものだったというものの、良い結果が生まれたそうだ。そんな大胆な行動には、主演のロバート・パティンソンも驚きを隠せなかったようだ。

2020年5月30日 (土)

トム・ハンクス、コロナ研究へ向けて再び血漿を提供

トム・ハンクストム・ハンクス(63)が、新型コロナウイルス研究のために再び血漿を提供した。今年3月に妻リタ・ウィルソンと共に同ウイルスに感染したトムは、回復後ワクチン開発へ向けた研究に協力してきた。そして27日(水)、血液バッグに入った血漿や採血中の自身の腕の写真を投稿し、「3度目の血漿」と再び血漿を提供したことをインスタグラムで明かしたかたちだ。先月も同じような投稿をして、提供過程のシンプルさアピールしていたトムは以前、ワクチン開発に協力することでお返しがしたいと口にしていた。

2020年5月29日 (金)

エドガー・ライト監督最新作『Last Night in Soho』公開延期へ

エドガー・ライトエドガー・ライトの最新作『Last Night in Soho』の公開が来年まで延期された。ライト監督は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で完成が遅れており、全米公開が来年4月23日まで延期となったことをツイッターで告知した。当初今年9月25日の全米公開が予定されていた同心理ホラー作品は、主演のアニャ・テイラー=ジョイとマット・スミスをはじめ、ダイアナ・リグやテレンス・スタンプ、リタ・トゥシンハム、マイケル・アジャオ、シノブ・カールセンらが出演する。あらすじの詳細については不明なものの、ライトは以前、ソーホーを含むロンドンの中心部を舞台にした映画を作りたいと願っていたことを明かしていた。

エイミー・ワインハウスの伝記映画が製作へ

200528_03

エイミー・ワインハウスエイミー・ワインハウスの伝記映画が、来年あたりに公開される可能性があることを父ミッチが明かした。同新作は、2011年に27歳の若さで他界したエイミーと自身に関し「誤解を招く」内容だったアシフ・カパディアによる2015年作ドキュメンタリー映画『AMY エイミー』と比べ、2人の姿を真実に忠実に描いたものとなるという。カパディアのドキュメンタリーは、アカデミー賞に輝いたほか、英国アカデミー賞(BAFTA)でも2部門でノミネーションを受ける成功を収めているが、ミッチは自身が欲張り者として描かれていたと感じており、「不名誉」だと以前コメントしていた。それに対する自分たちなりの「仕返しの方法」とも言うミッチは、キャスティングなどを含めて全面的に製作に参加するそうだ。

ダグ・リーマン、トム・クルーズ主演の宇宙で撮影の映画で監督へ

ダグ・リーマンダグ・リーマンが、宇宙で撮影されるトム・クルーズ主演映画で監督を務める。イーロン・マスク氏のスペースXとNASA参加の同作に向け、リーマンはすでにアクション作の初稿を書き上げていると言われている。リーマンとトムは『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『バリー・シール/アメリカをはめた男』でもタッグを組んだことがあるほか、リーマンは『Mr.&Mrs. スミス』『ボーン・アイデンティティー』などでも知られている。2人は新型コロナウイルス感染拡大の影響が映画業界に及ぶ前からこの作品に取り掛かっていたという。一方、リーマン監督は『カオス・ウォーキング』がポストプロダクションの状況にあり、トムは「ミッション:インポッシブル」シリーズ最新作2本に着手していたところだったが、現在は中断されている。

スコット・デリクソン、『ラビリンス/魔王の迷宮』続編監督へ

スコット・デリクソンスコット・デリクソンが『ラビリンス/魔王の迷宮』続編で監督を務めるようだ。1986年に公開されたデヴィッド・ボウイ、ジェニファー・コネリー主演作は、興行成績こそ振るわなかったものの、関連小説やコミック本、毎年恒例の仮面舞踏会など、今でもカルト的人気を誇っている。そんな同作の続編に向けては、『マペット・ショー』などでおなじみのジム・ヘンソンによる前作のストーリーを基にマギー・レヴィンが執筆する。前作ではジェニファー演じる10代の少女サラが、ゴブリンの魔王ジャレスに連れされられた異母弟トビーを救い出す姿が描かれたが、新作はそのストーリーの続きという展開になるようだ。前作に参加したヘンソンの子供であるリサとブライアン・ヘンソンがプロデューサーを務める一方、『ドクター・ストレンジ』などでおなじみのデリクソン監督がC・ロバート・カーギルと共に製作総指揮も兼任する。

2020年5月28日 (木)

クリス・エヴァンス、マーベル参加は「人生最高の決断」

クリス・エヴァンスクリス・エヴァンス(38)にとって、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)への参加を決めたことは、「人生最高の決断」だったそうだ。キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース役としてこれまで11本のマーベル映画に出演してきたクリスだが、2011年作『パンクチュア 合衆国の陰謀』の製作中にパニック症状に陥っていたことから、ちゃんと演技が出来るかどうか不安になり、当初同役のスクリーンテストを断っていたという。そこで、すでにマーベル作品でアイアンマンことトニー・スターク役を演じていたロバート・ダウニー・Jrに相談したところ、恐怖をもとに決断しないよう助言されたことで、最終的に同役を受けることにしたそうだ。さらにクリスは、自らが2011年作『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』でMCU デビューを飾った同年にクリス・ヘムズワースも『マイティー・ソー』でソー役としてMCUへの参加を果たしていたことから、お互いの不安をシェアすることが出来たとも話している。

フランク・マーシャル、「ボーン」シリーズ第6弾に意欲

フランク・マーシャルフランク・マーシャル(73)が、「ボーン」シリーズ第6弾製作へ向けて意欲を見せている。これまで5作品にわたるシリーズ全作で製作を担ってきたマーシャルは、マット・デイモンが再び記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンを演じることを心待ちにしているそうだ。一方「インディ・ジョーンズ」シリーズも手掛けてきたマーシャルは、シリーズ第5弾の監督から降板したスティーブン・スピルバーグの後任として、ジェームズ・マンゴールドが就任したことは理想的な選択であったと話していたほか、スピルバーグがプロデューサーとして同新作に留まることも明らかにしていた。製作開始日程に関しては、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、安全を考慮した製作方法を見出すべく現在調整中だそうだ。

マシュー・マコノヒー夫妻、テキサス州の病院にマスク11万枚を届ける

マシュー・マコノヒー,夫妻(c)Instagramマシュー・マコノヒーと妻カミラ・アルヴェスがテキサス州内の各病院にマスク11万枚を配達した。同夫妻は、自動車会社リンカーンとタッグを組み、テキサス州の各病院で新型コロナウイルス感染者の治療にあたる医療従事者に防護具を贈った。マシューが、マスクの箱が積まれたリンカーン社のトラックに乗る夫妻の写真をインスタグラムに投稿、「11万枚のマスクを寄付してくれたリンカーン社に感謝する。僕とカミラは、テキサス州の助けを必要としている地方病院へ向けて車を走らせるよ」とキャプションを綴った一方で、同社も夫妻の協力に感謝する返答をしている。そんな夫妻は、以前にもベサニー・フランケルが設立したチャリティ団体 BStrongを通して、マスク8万枚を同州の病院へ寄付しているほか、隔離生活を送っている同州ラウンドロックにある高齢者向け施設の住人のためにバーチャル・ビンゴ大会も行っていた。

2020年5月27日 (水)

マイケル・マン、『ヒート』前日譚の製作を熱望

サマー・マン、マイケル・マンマイケル・マンが『ヒート』の前日譚を製作したいという。マンは映画製作に向けて脚本に取り掛かっているところだと明かしている。
デッドラインにマンはこう語る。「今のところ、私の机の上で10インチ(約25.4センチ)ほどの高さになっている。脚本に取り組んでいるところで、時間をかけているんだ。言えないけれどね」「でも『ヒート』の前日譚となる映画を本当に作りたい」
アル・パチーノやロバート・デ・ニーロ、ヴァル・キルマーらが出演した1995年の同作では、パチーノ演じるロサンゼルス市警のヴィンセント・ハナ警部補が、銀行強盗に失敗したデ・ニーロ演じるニール・マッコーリーを追っていた。
一方で、『トウキョウ・バイス』でメガホンを取るマンは、新型コロナウイルスの影響で、毎日撮影現場で検査を受けなければならなくなると話している。 「働く人たちがこのウイルスに感染していないかどうかを知る必要がある」「スタッフやキャストのためにも、私は安全に関してかなりうるさいから。誰も酷く傷つけたりしないし、ましてや死ぬことなんてね。私が携わる作品ではそんなことにはならない」「だから、そういう現場でいないと。皆がそういった場を確保しないといけない。さもないと働くことなんてできない。つまり、毎日検査だ。ただそれだけ」




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ