« 2020年3月 | メイン | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月30日 (木)

クリス・ヘムズワース、ブラッド・ピットに初対面でハグ!?

クリス・ヘムズワースクリス・ヘムズワース(36)は初対面にしてブラッド・ピット(56)にハグをしたのだそうだ。『アベンジャーズ』のソー役などで自らもハリウッドの大スターの1人に数えられるクリスだが、昨年『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の試写会の場でブラッドに会った際、その興奮を抑えられずにハグしてしまったのだという。ブラッドが握手をしようとしていたにも関わらず、ハグという大胆な鼓動に出てしまったクリスだが、ブラッド本人も気にしていない様子だったそうで、警備員から取り押さえられるようなことはなかったという。そんな出会いを果たしたブラッドは、予想通り素敵で感じの良い人だったとクリスは話している。

2020年4月29日 (水)

ジョー・ルッソ、トム・ホランドの演技はアカデミー賞級!?

トム・ホランドジョー・ルッソが、『チェリー』でのトム・ホランドの演技はアカデミー賞に値すると称賛している。兄アンソニーと共に同作でメガホンを取ったジョーは、薬物依存の帰還兵として主演を務めたトムがアカデミー賞で正当な評価を受けることになると太鼓判を押している。
ジョーはコライダーにこう語っている。「正直に言って、彼は映画の中で際立っていると思う。アカデミー賞に値する演技だったよ。肉体的にも感情的にも、彼は自分自身を殺しているんだ」「これは十何年に渡る映画で、彼はPTSDに苦しみ、薬物中毒になってしまい、銀行強盗に手を染め、人間関係が破綻しているとても複雑な人間を演じている。とても難解な役だ」「彼はこの役に合っているし、スクリーンで見る価値がある。堕落に陥るキャラクターをトムが演じると、本質的に好ましい人になるんだ。それで、どんなに酷い選択をしても観客は応援を続けることになる。貴重なことだ」。
マーベル・シネマティック・ユニバースで初めてトムと仕事をしたジョーによると、新型コロナウイルスのパンデミックを避け、自宅隔離中もチームは『チェリー』の製作に取り組んでいるようで、ほとんど完成しているという。

2020年4月28日 (火)

リアーナの『アンチ』、映画のビジュアルにインスパイア

リアーナリアーナのアルバム『アンチ』が映画『セラとチーム・スペード』のビジュアルに影響を与えているそうだ。タヤリシャ・ポーがメガホンを取った同作では、ペンシルバニア州にある名門寄宿学校内の秘密の派閥を描いているが、撮影監督のジョモ・フレイによると本作のビジュアルはリアーナのアルバムにインスパイアされているという。
フレイはヴァラエティ誌に、同作のどう猛的形式主義なビジュアルデザインについて「リアーナのアルバム『アンチ』のようなどう猛さです。つまり、冷酷で力強く、残忍で大胆です」説明し、「ジョモは、リアーナの全作品とブルータリズム的建築の社会的影響を同じ重みを持って話すコラボレーターなんです」とポー監督が続けている。
一方でリアーナは以前、同アルバムの制作には苦労したものの、正しいと感じるような作品を作りたかったと話していた。

2020年4月27日 (月)

エディ・マーフィら、新型コロナ対策支援のコメディショーを開催

エディ・マーフィエディ・マーフィやアダム・サンドラー、ケヴィン・ハートらが、新型コロナウイルス対策支援のコメディ番組に登場する。昨年スタンダップコメディのステージに復帰したエディをはじめ、クリス・ロック、ティファニー・ハディッシュ、ホーウィー・マンデルらも含めた人気コメディアンらが、フードバンクへの募金目的で開催される『Feeding America Comedy Festival』の出演者として発表されている。3時間の特別番組として5月9日にアレン・メディア・グループ傘下のテレビ局、Comedy.TVやウェザー・チャンネル、「Local Now」アプリなどで配信される。主催のバイロン・アレンは、笑いは最高の薬だとして、食料難という問題に関心を集めること、そして新型コロナのパンデミックにより経済的打撃を受けた家庭へ食事を提供するという目的にとても意欲を駆られたと話している。

2020年4月26日 (日)

フランシス・ローレンス、「ハンガー・ゲーム」前日譚作品を監督へ

フランシス・ローレンスフランシス・ローレンスが、「ハンガー・ゲーム」シリーズの前日譚となる『ザ・バラッド・オブ・ソングバーズ・アンド・スネークス』を監督するという。これまでに同シリーズ3作品でメガホンをとってきたローレンスが、原作3部作の著者スーザン・コリンズによる同名小説をもとにした新作でも監督を担うことになったという。同新作では、独裁的なコリオラヌス・スノー大統領の若き日々が描かれる。18歳のコリオラヌスは家族が困窮している中、第10回ハンガー・ゲームのメンターに選ばれたことで状況が変わると期待したものの、第12地区居住者の少女の担当と知り落胆するといった内容だ。

2020年4月25日 (土)

『渇いた太陽』のシャーリー・ナイト、83歳で死去

シャーリー・ナイトシャーリー・ナイトが死去した。83歳だった。1962年作『渇いた太陽』と1960年作『階段の上の暗闇』で2度のアカデミー賞助演女優賞ノミネート歴もあるシャーリーは22日(水)、老衰で息を引き取ったという。シャーリーは高齢になっても活動を続け、2015年には『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』、またジャック・ニコルソンとヘレン・ハント主演の1997年作『恋愛小説家』といった有名作品ほか、2001年にはジェニファー・ロペス主演『エンジェル・アイズ』に出演していた。エミー賞8回ノミネートの内3回受賞を飾った経歴のあるシャーリーに、数々の著名人が追悼の言葉を贈っている。

2020年4月24日 (金)

ブルース・ウィリス一家、隔離生活をエンジョイ中

ブルース・ウィリス, デミ・ムーアブルース・ウィリス一家が、新型コロナウイルス感染拡大による自主隔離生活を楽しんでいるようだ。元夫婦のブルースとデミ・ムーアはルーマー、スカウト、タルーラら成人した3人の娘と共に自粛生活を送っているが、久々に一同が揃った暮らしを満喫しているという。スカウトがポッドキャストの中でその様子を明かしており、周囲からのイメージとは異なり、自分たちにとっては「変な親」だという両親と一緒の時間がもらえることはありがたくもあると話している。デミとの13年の結婚生活を経て2000年に離婚したブルースは、現在の妻エマとの間に8歳との5歳の娘がいるが、下の子の怪我に関する病院からの結果を待っている間に、自宅のあるロサンゼルスからアイダホまで来られない状況になってしまったと説明している。そんな不思議な状況にはなってしまったものの、エマは常にデミと良い関係であることから問題はないようだと言われている。

トム・ハンクス夫妻、ワクチン開発へ向けて血液提供へ

トム・ハンクス,リタ・ウィルソントム・ハンクスとリタ・ウィルソン夫妻が、自らの血液を新型コロナウイルスのワクチン開発を急ぐ医療研究者に提供するという。呼吸器疾患を引き起こす新型コロナウイルスに早期に感染した著名人に数えられる同夫妻は、トムがバズ・ラーマン監督によるエルヴィス・プレスリーの伝記映画を撮影していたオーストラリアで感染した。夫妻は、検査の陽性結果ならびに症状を公開、その後完治してロサンゼルスの自宅へ帰ることを許されていた。アメリカ帰国後夫妻は、彼らの抗体がワクチン開発の助けとなるかどうかを見定める研究に登録していたそうで、今回血液内の抗体の存在が確認されたため血液を提供することになったという。

『ヴェノム』第2弾、来年に公開延期へ

トム・ハーディ『ヴェノム2』の公開が来年まで延期された。2018年作『ヴェノム』の続編『Venom: Let There Be Carnage』は、アメリカでは今年10月2日の公開が予定されていたが、新型コロナウイルスのパンデミックに伴い、来年6月25日公開となることをソニー・ピクチャーズが発表した。トム・ハーディがヴェノムことエディ・ブロック役を続役し、ウディ・ハレルソンが悪役カーネイジを演じる同新作は、『ザ・バットマン』の公開日程が来年10月1日に延期されたことにより空いた時期に公開される。一方オリジナル作品で監督を務めたルーベン・フライシャーからメガホンを引き継ぐことになったアンディ・サーキスは撮影時、詳細には触れないものの、順調ぶりを明かしていた。

2020年4月23日 (木)

デヴィッド・リーチ監督、「パリダカ」女性優勝者の伝記映画製作へ

デヴィッド・リーチ『ワイルドスピード/スーパー・コンボ』の監督デヴィッド・リーチが、ダカール・ラリーの唯一の女性優勝者であるユタ・クラインシュミットの伝記映画を製作する。ダカール・ラリーは、パリからセネガルのダカールまでを走る競技として1978年に初回が開催されて以来、70人以上が命を落とすほど世界一過酷なレースとしても知られているが、モータースポーツ界で最も名誉あるタイトルの1つと考えられている。ドイツ出身のユタは18歳で初めてバイクを購入、その後BMWに就職するが1992年にモータースポーツに専念するため退職、1997年に女性として初めて同ラリーの1ステージ首位を記録した後、15年の努力の末、2001年に遂にレース優勝を飾った。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ