« 英国アカデミー賞、『1917 命をかけた伝令』が作品賞ほか最多7部門受賞 | メイン | レベル・ウィルソン、英国アカデミー賞で『キャッツ』不評をネタに »

2020年2月 5日 (水)

ブラッド・ピット、英国アカデミー賞でEU離脱のイギリスを茶化す

ブラッド・ピットブラッド・ピットが2020年英国アカデミー賞の受賞メッセージの中で、先月31日にEUを離脱したばかりのイギリスをネタにした。2日(日)にロンドンで開催された同式典において、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で助演男優賞に輝いたブラッドは、当日欠席こそしたものの、前もって準備しておいたメッセージを共演のマーゴット・ロビーに託し、その中で2017年に元妻アンジェリーナ・ジョリーと破局した自身を引き合いに出して「シングルのクラブへようこそ」とEUを離脱したイギリスを茶化した。さらには、先日王室の公務から退きカナダへ移住することを発表したヘンリー王子とメーガン妃のことも忘れずに言及、トロフィーをアメリカに持ち帰るのが楽しみなため、ヘンリーと名付けると続けた。そんな中、同式典に出席していたヘンリー王子の兄ウィリアム王子と妻のキャサリン妃が、そのジョークを笑っている様子がカメラに映されていた。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ