« クリスチャン・ベイル、新作でデヴィッド・O・ラッセル監督と再タッグ!? | メイン | 全米映画俳優組合賞(SAG)、『パラサイト 半地下の家族』がキャスト賞を受賞! »

2020年1月21日 (火)

リブート版『キャンディマン』、前回の主人公ヘレン・ライルが再び登場

ジョーダン・ピール『キャンディマン』のリブート作品にも、オリジナル作品で主人公だったヘレン・ライルが登場するという。ホラー作家クライヴ・バーカーの短編小説『禁じられた場所』をもとに製作された1992年の作品では、論文のために都市伝説を探求する大学院生ヘレンの姿が描かれていた。ホラー映画専門情報サイト、ブラッディ・ディスガスティングによると、新作でもヘレンがカギとなるようで、キャシー・クレイマーが、オリジナル版でヘレン役を演じたヴァージニア・マドセンから同役を引き継ぐこととなるという。この都市伝説によると、キャンディマンは、1890年に白人女性と恋に落ち、子供をもうけたことでリンチを受けたアフリカ系アメリカ人アーティスト、ダニエル・ロバターユであり、鏡に向かって5回彼の名前を呼ぶことで姿を現す。『ゲット・アウト』や『アス』などで知られるジョーダン・ピールが脚本を共同執筆し、ニア・ダコスタが監督を務める同作品では、トニー・トッドがオリジナル作品に引き続きキャンディマンを演じると見込まれている。リブート版『キャンディマン』は2020年6月に公開予定だ。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ