« アーロン・テイラー=ジョンソン、クイックシルバー役再演の可能性を否定 | メイン | ジャスティン・ティンバーレイク、共演女優とのスキャンダルで妻に謝罪 »

2019年12月 4日 (水)

英国インディペンデント映画賞、受賞者が発表

ヒュー・ローリー『'The Personal History of David Copperfield』が、今年度の英国インディペンデント映画賞(BIFA)で5冠を果たし、最多受賞作品となった。すでにクラフト部門においてキャスト賞、衣装賞、製作デザイン賞と3賞の受賞が発表されていた同作品だったが、1日(日)にロンドンで開催された式典で、これに加えヒュー・ローリーが助演男優賞、アーマンド・イアヌッチとサイモン・ブラックウェルが脚本賞の栄誉に輝いた。そして、シリア内戦を題材にしたドキュメンタリー『For Sama』が、同式典の最高栄誉である作品賞を含む4冠で後に続いた。内戦を生き抜く若い母親をカメラで追った同作品は、ワード・アル=カテアブとエドワード・ワッツが監督賞に選ばれたほか、ドキュメンタリー賞、編集賞を受賞している。また、レネー・ゼルウィガーが『ジュディ/虹の彼方に』で主演女優賞、ジョシュ・オコナーは『Only You』で主演男優賞を受賞し、2017年の『ゴッズ・オウン・カントリー』に続く2度目の同賞の栄誉に輝いた。一方で、ポン・ジュノ監督の『パラサイト/半地下の家族』がインターナショナル・インディペンデント・フィルム賞を受賞している。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ