« ダコタとエル・ファニング姉妹が新作映画で初共演へ! | メイン | 『アイリッシュマン』、放送映画批評家協会賞で最多ノミネート »

2019年12月 9日 (月)

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の予告編が公開、宿敵ブロフェルドが再び登場

ダニエル・クレイグ『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の予告編が公開され、そこでシリーズ前作『007 スペクター』に登場したジェームズ・ボンドの宿敵ブロフェルドが戻ってくることが明らかになった。予告編では、前作でもクリストフ・ヴァルツが演じたこのアイコニックな悪役がMI6に捕らわれの身となっている様子が描かれていることから、ダニエル・クレイグにとって最後のボンド作品となる新作は、前作に続く内容となっているようだ。また、キャリー・フクナガ監督も『カジノ・ロワイヤル』のストーリーからの集大成だと捉えていることを明かしている。 一方で、この予告編にはボンドがMI6を離れた後コードネーム007を引き継ぐこととなるラシャーナ・リンチ演じるノミも登場しているほか、『ボヘミアン・ラプソディ』で人気を得たラミ・マレック演じる悪役サフィンの姿も見られる。『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』は来年4月10日に日本公開予定だ。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ