« クリス・エヴァンス、故郷の劇団に凱旋 | メイン | ホラー映画の古典『魔人ドラキュラ』の衣装が展示へ »

2019年10月24日 (木)

ジェームズ・ガン、巨匠たちの批判に対しマーベルを擁護

ジェームズ・ガンジェームズ・ガンは、フランシス・フォード・コッポラやマーティン・スコセッシといった大御所映画監督のマーベル作品批判を受けて、同作品群を擁護している。スコセッシは先日、マーベル作品は「映画ではない」と発言し、コッポラもそれに賛同した上「卑劣」と呼んでいた。フランスのリヨンで開催された映画祭リュミエール・フェスティバルでコッポラは、スコセッシの意見への賛同を表し、映画について自分の考えを示していた。これに対し、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズを監督したガンはマーベル・シネマティック・ユニバースを弁護し、親戚の映画に対する見方を示しつつ、自分の意見を語った。当のスコセッシは、マーベル映画は「遊園地」だと酷評していた。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ