« エマ・ロバーツ、新作アクションスリラー映画に出演へ | メイン | 映画版『ザ・ソプラノズ』の公開日が決定! »

2019年3月19日 (火)

エヴァ・グリーン、女性版ジェームズ・ボンド案に反対

エヴァ・グリーンエヴァ・グリーンはジェームズ・ボンドがこれからも男性であるべきだと考えているようだ。2006年作『007 カジノ・ロワイヤル』でボンドガールを演じたエヴァは、ダニエル・クレイグがボンド役を引退した後も、男性が後任を務めるべきだとの見解を見せている。コレット役を演じる新作『ダンボ』が今月29日から日本公開となるエヴァは、アクション映画でもスーパーヒーローでも女性が演じるべきだとする女性支持派である一方で、ボンドというキャラクターの持つ歴史は受け継がれるべきだとして、男性のボンド役続投を心から望んでいるそうだ。その一方で先日ドミニク・ウェストは、トランスジェンダーとしてイギリス軍隊最高階級を持つハンナ・グラフが次期ボンドになるべきだと話していた。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ