« カレン・ギラン、新作スリラー映画に出演へ | メイン | ヘンリー・ウィンクラー、ウェス・アンダーソン監督作に出演へ »

2019年1月16日 (水)

『ROMA/ローマ』、放送映画批評家協会賞で最多4冠

アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』が今年度の放送映画批評家協会賞で4部門を制した。ネットフリックスで配信される同作は13日(日)夜、サンタモニカのバーカー・ハンガーで開催された授賞式で、『ブラックパンサー』『ブラック・クランズマン』『女王陛下のお気に入り』『ファースト・マン』『グリーンブック』『アリー/ スター誕生』『ビール・ストリートの恋人たち』『メリー・ポピンズリターンズ』『バイス』といった並み居る候補作を抑えて作品賞の栄誉に預かったほか、メガホンを取ったアルフォンソ・キュアロンが監督賞や視覚賞、外国語映画賞を受賞した。また『バイス』は、ディック・チェイニー元副大統領を演じたクリスチャン・ベールの主演男優賞やコメディ映画男優賞、メイクアップ賞など3部門に輝き、さらに『ブラックパンサー』も衣装デザイン賞や視聴効果賞など3部門を受賞している。主演女優賞は『天才作家の妻 40年目の真実』のグレン・クローズと『アリー/ スター誕生』のレディー・ガガが同時受賞となり、ガガは『シャロウ ~「アリー/ スター誕生」愛のうた』で楽曲賞も手にした。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ