« 『アクアマン』、DCコミックス史上最大のヒットを記録! | メイン | 『Empire 成功の代償』のタラジ・P・ヘンソン、ハリウッドの殿堂入り »

2019年1月30日 (水)

『Love, サイモン 17歳の告白』ら、GLAADメディア賞にノミネート

ニック・ロビンソンGLAADメディア賞のノミネートが25日(金)に発表された。GLAAD(中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟)が4月12日に開催する同賞において、『Love, サイモン 17歳の告白』と『クレイジー・リッチ!』が全米公開作品部門で、『女王陛下のお気に入り』が限定公開部門でそれぞれ作品賞の候補作品として名前が挙がった。全米公開作品部門は前述の2作品に加え、『デッドプール』やジョン・シナ出演作『ブロッカーズ』、『蜘蛛の巣を払う女』などがノミネートされている。さらにミュージシャン部門では、トロイ・シヴァンをはじめ、ヘイリー・キヨコやジャネール・モネイ、イヤーズ・アンド・イヤーズ、ブロックハンプトン、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズらが候補者に名を連ねた。一方で、クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、元監督のブライアン・シンガーの未成年に対する性的暴行疑惑を受け、全米公開作品部門へのノミネートを取り消されたことが、24日(木)に明らかになっていた。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ