« 『ドクター・ストレンジ』続編が製作へ | メイン | クリス・メッシーナ、ハーレイ・クインのスピンオフ映画に出演へ »

2018年12月17日 (月)

『マーベラス・ミセス・メイゼル』と『オザークへようこそ』、全米映画俳優組合賞で最多ノミネート

レイチェル・ブロズナハン『マーベラス・ミセス・メイゼル』と『オザークへようこそ』が、第25回全米映画俳優組合(SAG)賞で最多ノミネートを果たした。オークワフィナとラバーン・コックスが12日(水)に同賞のノミネートを発表し、両作品が4ノミネートを獲得した。一方の映画部門では、『アリー/ スター誕生』と『女王陛下のお気に入り』が最多となる3ものノミネートを達成した。『アリー/ スター誕生』はキャスト賞を『ブラックパンサー』『ブラック・クランズマン』『ボヘミアン・ラプソディ』『クレイジー・リッチ!』を競い合うことになる。また主演を務めたレディー・ガガや監督を兼任したブラッドリー・クーパーも、それぞれ主演男優賞と女優賞にノミネート入りした。第25回全米俳優組合賞の授賞式は来年1月27日に開催される。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ