« ジョディ・フォスター、アイスランド映画のリメイクで監督兼主演へ | メイン | 『愛すれど心さびしく』のソンドラ・ロックが死去 »

2018年12月17日 (月)

シカゴ・セブンを描くアーロン・ソーキン監督最新作が製作延期

アーロン・ソーキンアーロン・ソーキン監督による『The Trial of the Chicago 7』の製作が保留となったようだ。ソーキンが脚本兼監督を手掛ける同新作に向けては、サシャ・バロン・コーエン、エディ・レッドメイン、ジョナサン・メイジャーズらの出演もすでに決定していたが、ソーキンは『アラバマ物語』の舞台化となるブロードウェイ作『To Kill a Mockingbird』に集中することを理由に、製作の延期を決定したという。『The Trial of the Chicago 7』では1968年のシカゴでの民主党大会における反戦デモを発端に、共謀罪などで1969年に裁判にかけられた「シカゴ・セブン」と呼ばれる7人の被告の姿が描かれる予定となっている。現在はプリプロダクションの段階にあり、来年2月から撮影を開始する予定となっていたが、今回の延期決定の背景には予算面での問題もあった可能性があるようだ。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ