« ヴィニー・ジョーンズ、『ヴェンジェンス』続編で悪役に | メイン | ハル・ベリー、監督デビューへ »

2018年9月14日 (金)

キット・ハリントン、マーベルの多様性の欠如を指摘

キット・ハリントンキット・ハリントンが、マーベル映画には同性愛者の俳優が不足していると訴えている。『ゲーム・オブ・スローンズ』で有名なキットは、同社に多様性の問題に取り組むように呼び掛けた。キットはなぜか男らしさと同性愛が両立しないという大きな問題があるとした上で、マーベル映画には実生活ではゲイでスーパーヒーローを演じているという役者がいないと指摘した。一方でマーベルのケヴィン・ファイギ社長は以前、ゲイやバイセクシャルのキャラクターが登場する映画が登場する予定があるのか尋ねられた際、予定があることを認めたうえで、それがすでに知られているキャラクターと新たなキャラクターの両方だとして、複数が構想にあることを明かしていた。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ