« デミ・ロヴァート、薬物過剰摂取の疑いで一時意識不明 | メイン | 『9時から5時まで』続編、ジェーン・フォンダらオリジナルキャストが再結集 »

2018年7月27日 (金)

ベラ・ソーン、動物愛護団体のキャンペーンで人魚姿を披露

ベラ・ソーンベラ・ソーンが動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)のボイコット・シーワールド・デイのためにマーメイドに仮装した姿を披露した。ベラは、米水族館チェーンのシーワールドを批判するPETAのキャンペーン「Break the Chains: Boycott SeaWorld」の広告に、手首や尾ひれを鎖で繋がれた人魚姿で登場した。子供の頃に同水族館の広告になったこともあるベラだが、PETAがユーチューブにアップロードしたビデオの中で、子供の頃でさえも何か間違っていると感じていたとシーワールドに対する怒りを露わにした。シーワールドは長年、動物愛護団体の間で非難を受けており、2013年のドキュメンタリー映画『ブラックフィッシュ』の中で、昨年1月に亡くなった雌のシャチ「ティリクム」がトレーナーを殺した事故の背景になったひどい扱いが取り上げられると、同水族館を支持する声は激減した。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ