« チャドウィック・ボーズマン、新作スリラーで出演兼製作に | メイン | セレーナ・ゴメス、ゾンビ映画に出演へ »

2018年7月18日 (水)

スカーレット・ヨハンソン、LGBTコミュニティーからの批判により新作映画から降板

スカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソンがLGBTコミュニティーからの批判を受けて、出演予定だった『ラブ&タグ』から降板した。女性として生まれながらも男性として生活し、裏世界とのつながりを持つマッサージパーラーの経営者ダンテ・ジル役を演じる予定だったスカーレットだが、トランスジェンダーの役者が演じるべきだと批判を浴びたことで降板を決めたという。キャスティングの発表時、SNSではその内容への批判と同時に、トランスジェンダーの役者の持つ機会がいかに限られているかの表れだという意見が数多く上がっていた。当初スカーレットは批判に屈しない態度を取っていたが、「多くの人がトランスジェンダーの役者が演じるべきだと思うのも理解できる」として、検討の末、結局この作品から離脱することに決めたようだ。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ