« シルベスター・スタローン、ジャック・ジョンソンの伝記映画を製作へ? | メイン | 映画『ザ・バットマン』、悪役ペンギンが登場か? »

2018年6月 5日 (火)

ジェイソン・モモア、『クロウ/飛翔伝説』リメイク版を降板

ジェイソン・モモアジェイソン・モモアが、コリン・ハーディ監督による『クロウ/飛翔伝説』リメイク版を降板した。DCコミックのアクアマン役でお馴染みのジェイソンは、1994年にアレックス・プロヤスがメガホンを取った同作のリメイク版で次々と俳優が降板を決める中、自分も同じ道を選んだことについてファンに謝罪した。製作自体が危うくなるこの作品についてジェイソンはインスタグラムで、8年も待ったという同作への降板が苦渋の決断であったことを説明しつつ、自身がこの映画に相応しいと思えるかたちで製作が進んでいなかったことをほのめかした。ジェームズ・オバーが1989年に出版したグラフィックノベルが原作のリメイク版は、2017年11月に撮影が開始され、ソニーは2019年10月11日に公開すると発表していた。ロックミュージシャンのエリック・ドレブンとその婚約者シェリーは無法者によって殺されるが、エリックは死の国の使者であるカラスによって助けられ、婚約者を殺した者たちへの復讐を始めるというストーリーというオリジナル版では、故ブランドン・リーが主演していたが、撮影中の発砲事故で亡くなっていた。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ