« ルピタ・ニョンゴ、『狼 男たちの挽歌・最終章』リメイク版に出演か | メイン | ゾーイ・サルダナ、ハリウッドの殿堂入り »

2018年5月 7日 (月)

メル・ギブソン、『Destroyer』監督の交渉中

メル・ギブソンメル・ギブソン(62)が、戦争映画『Destroyer』の監督に向け、交渉中のようだ。第2次世界大戦を主題にした同作でメルがメガホンを取ることになれば、2016年にアンドリュー・ガーフィールドが出演した監督復帰作『ハクソー・リッジ』に続く2作目の戦争映画となる。原作はジョン・ウコヴィッツの『Hell From the Heavens: The Epic Story of the USS Laffey and World War II's Greatest Kamikaze Attack』で、第2次世界大戦における太平洋戦争の沖縄戦を、『ハクソー・リッジ』とは異なる視点で描くそうで、メルの長年の恋人ロザリンド・ロスが脚本を執筆すると言われている。原作では、1945年4月16日に起きた日本軍機22機による恐るべき特攻から僚艦を守った駆逐艦ラフィーの乗組員らの英雄譚がまとめられている。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ