« アリシア・シルヴァーストーンが離婚へ | メイン | ビヨンセとテイラー・スウィフトがキッズの祭典で激突 »

2018年3月 1日 (木)

アントワーン・フークア監督、『スカーフェイス』リメイク版を再検討?

アントワーン・フークア『マグニフィセント・セブン』でも知られるアントワーン・フークアが『スカーフェイス』のリメイク版の監督就任に関して再交渉中であるようだ。フークアは、昨年同作の監督を務める予定だったものの、製作会社がスケジュールの問題により彼を降板していた。しかし、監督を務める『イコライザー』続編の撮影が終わりつつある現在、フークアはその件に関してユニバーサル・ピクチャーズと再度交渉段階に入ったという。当初、デヴィッド・エアーも同作の監督にと依頼があったようだが、エアーが監督すると暗くなりすぎるという理由で見送られていた。オリジナル版『スカーフェイス』は1983年に公開されたギャング映画で、1932年に製作された映画『暗黒街の顔役』を脚色した作品だ。リメイク版では『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のディエゴ・ルナが主役の麻薬密売人を務める予定となっており、舞台をオリジナル版のマイアミからロサンゼルスに移し、コロンビア系移民の代わりにメキシコ系移民に焦点があてられる。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ