« エディ・レッドメイン、スティーブン・ホーキング博士へ追悼メッセージを発表 | メイン | ジョン・トラボルタ主演のマフィア伝記映画『Gotti』の公開日が決定 »

2018年3月19日 (月)

マドンナ、シエラレオネ出身バレリーナの伝記映画で監督に

マドンナマドンナが、シエラレオネ出身のバレリーであるミケーラ・デプリンスの伝記映画『Taking Flight』でメガホンを取る。MGMスタジオで2015年から企画が始まっていた同作は、自伝『夢へ翔けて: 戦争孤児から世界的バレリーナへ』を原作に、デプリンスのシエラレオネでの戦争孤児として生活や世界でも有名なバレリーナになるまでの半生を描く。マドンナはこの作品がシエラレオネに焦点を当て、戦争孤児のために声を上げる素晴らしい機会であると意気込みを語っている。デプリンスは4歳の頃にアメリカの養父母に引き取られ、2012年にはドキュメンタリー映画『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!』で取り上げられた。その後、17歳の時にプロのバレリーナとして南アフリカのジョバーグ・バレエ団でデビューし、2016年にはビヨンセの『レモネード』のミュージックビデオに出演した。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ