« アーミー・ハマー、スリラー映画に出演へ | メイン | 『ゲット・アウト』、全米脚本家組合賞2018で最高賞受賞 »

2018年2月13日 (火)

ジョーダン・ピール監督、『ゲット・アウト』続編製作に 前向き

ジョーダン・ピールジョーダン・ピール(38)がサイコスリラー作品『ゲット・アウト』の続編製作について前向きな姿勢を見せている。俳優から監督に転身したピールは初監督作品『ゲット・アウト』が高評価を受け、アカデミー作品賞を含む数々の賞にノミネートされている。その続編製作について、ピールはもっと語るべきストーリーはあるとして、続編について本気で検討してみるつもりであると話した。『ゲット・アウト』は黒人のクリス(ダニエル・カルーヤ)が白人の恋人ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の両親に初めて紹介されるストーリーを描いている。ローズと共にローズの両親の家を訪れたクリスは、初めは家族からの大袈裟なまでの歓迎を娘の有色人種の恋人に会うことへの緊張によるものだと理解する。しかし徐々に、驚くべき発見や、近所の住人や家族の友人ら白人たちとの奇妙な出会いを通して、クリスは予想もしなかった真実を知ることになる。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ