« ノオミ・ラパス、『Angel Of Mine』に出演へ | メイン | エドワード・ノートン監督作にブルース・ウィリスらの出演が決定 »

2018年2月 8日 (木)

ユマ・サーマン、『キル・ビル』での交通事故詳細を告白

ユマ・サーマンユマ・サーマンが『キル・ビル』の撮影現場で起きた交通事故について詳細を語った。2003年公開の同作の撮影中、クエンティン・タランティーノ監督の指示により、自信のないスタントをやらされて脳震とうや背中と膝に怪我を負う事故に至ったとして、先日行われたインタビューの中でタランティーノを責めていたように見えたユマだったが、今回インスタグラムへの投稿で、タランティーノに悪意はなく、監督本人も大ショックを受けていたと明かした。ユマはタランティーノ監督本人から渡されたとする当時の映像との今回の投稿の中で、その事故が起きた原因が「犯罪とも言えるほどの過失にあった」としながらも、そこに悪意があったとは思っていないとし、深く後悔しているタランティーノが、自分に害を及ぼすことになることを承知の上で当時の映像をくれたと説明した。一方でユマは、その事故後の隠ぺい工作をした人物としてハーヴェイ・ワインスタイン、ローレンス・ベンダー、E・ベネット・ウォルシュの名を挙げ、「許せることではない」と強く非難している。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ