« ジェニファー・ローレンス、高校の政治ディベートに参加 | メイン | ナタリー・ポートマン、『Vox Lux』で主演!? »

2018年1月30日 (火)

ダース・ベイダー、悪役ランキングのトップに!

エンパイア誌表紙ダース・ベイダーが最も偉大なヴィランに選ばれた。1977年に公開された『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場して以来、ベイダーは最も愛され恐れられる映画キャラクターの一人であり続けている。オリジナル3部作ではデヴィッド・プラウズが演じ、ジェームズ・アール・ジョーンズが声を担当したベイダーは、その後製作された前日譚3部作やスピンオフ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』にも登場している他、公開最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にはアイコニックな破壊されたマスクも登場している。以前アメリカン・フィルム・インスティチュートによる悪役ランキングではベイダーは3位にラインクインしていたが、今回の一般投票によるエンパイア誌の悪役ランキングでは、ヒース・レジャーが演じたジョーカー他、ロキ、ハンニバル・レクター、ヴォルデモートなどを抑えて1位となった。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ