« 俳優ランス・ハワード、89歳で他界 | メイン | ケヴィン・フェイグ、今後更なるマーベル20作品を示唆 »

2017年11月29日 (水)

ケイト・ウィンスレット、『アバター』続編の水中シーンを自ら演じる

ケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレットが『アバター』続編の水中シーンを全て自身で演じることを要求したとジェームズ・キャメロン監督が明かした。先月、ケイトがキャメロン監督と『アバター』続編で『タイタニック』以来の再タッグを組み、ロナルというキャラクターを演じることが発表されていたが、今回そのキャラクターが海の民の1人であることが明らかになった。キャメロン監督は数日間のリハーサルを済ませたケイトがとてもその世界に感激し、自ら水中のシーンも演じたいと言ってきたことで、フリーダイビングを習ってもらう必要があると答えたという。同作品には前作からのキャスト、ゾーイ・サルダナ、サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバーらに加え、ケイトのほかにもクリフ・カーティスが今回新たに参加し、メトカイナ族のリーダーであるトノワリを演じることが決定している。『アバター』続編は全4作のシリーズになり、2020年、2021年、2024年、2025年にそれぞれ公開されることが発表されている。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ