« ジャウム・コレット=セラ監督、『スーサイド・スクワッド』から降板 | メイン | ハル・ベリー、ジェームズ・ボンド役は男性に限る! »

2017年8月 3日 (木)

仏女優ジャンヌ・モロー、死去

ジャンヌ・モローフランスを代表する女優のジャンヌ・モローが、先月31日に亡くなったことが明らかになった。89歳だった。パリ市内に住んでいたジャンヌの訃報に際し、エマニュエル・マクロン仏大統領は共に追悼の意を表している。ジャンヌは、1960年カンヌ国際映画祭での『雨のしのび逢い』による女優賞をはじめ、1996年には『ビバ!マリア』で英国アカデミー賞での最優秀外国女優賞に輝くなど、女優として大きな成功を収めた。2003年にはカンヌ国際映画祭でパルムドール名誉賞を、2008年にはセザール賞で名誉賞を授与されている。ジャンヌはダンサーであった母と同様、当初はダンサーとしてキャリアを歩み始めたが、パリのコメディ・フランセーズでマリー・ベル主演作『フェードル』を目にしたことで女優への道を志し始めた。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ