« 『007』新作、2019年11月公開へ | メイン | 『ワンダーウーマン』第2弾、2019年12月公開へ »

2017年7月28日 (金)

ジャレッド・レト、『Bloodshot』映画版に出演か?

ジャレッド・レトジャレッド・レトが『Bloodshot』映画版に出演する可能性が出てきた。『スーサイド・スクワッド』のジャレッドは1992年に発刊されたケビン・バンフック、ドン・パーリン、ボブ・レイトン、イブル・ギチェットによるヴァリアント・コミックスの『ブラッドショット』実写映画へ出演交渉を行っているという。同作品は、仲間を裏切られ殺人の濡れ衣を着せられるも証人保護プログラムを受けることになった元殺し屋のアンジェロ・モータリが主人公のストーリー。アンジェロは自身の保護の任務に当たっていたFBIエージェントに裏切られ、政府の秘密のプログラムによって拉致されることになる。そのプログラムはアンジェロの記憶を消し去り、治癒能力を兼ね備えた超人的な力を持つ無敵の兵士に変身させるべく、アンジェロの体にナノマシンを埋め込む。アンジェロはそのプログラムから逃走後、わずかに残っている記憶を頼りに自身を裏切った人物を探し出し、自分が一体何者なのかを見つけ出そうとする。2012年から動き出していた同作の監督は何度もの変更を経て現在はデイブ・ウィルソンが務めることになっている。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ