« 故アダム・ウェスト追悼のため、バットシグナルが点灯 | メイン | トム・ハーディ、スパイダーマン映画に出演の予定なし? »

2017年6月19日 (月)

サイモン・キンバーグ、『X-MEN:ダーク・フェニックス』で監督デビューへ

サイモン・キンバーグサイモン・キンバーグが『X-MEN:ダーク・フェニックス』の監督に決定した。「X-MEN」シリーズ過去4作品の脚本を執筆し、『デッドプール』や現在日本で公開中の『LOGAN/ローガン』などを手がけたプロデューサーとして名を知られるキンバーグが、20世紀フォックスが贈るこのマーベル最新作で監督デビューを果たす。キンバーグはこれまでの「X-MEN」シリーズで監督を務めてきたブライアン・シンガーをはじめ、ハッチ・パーカー、ローレン・シュラー・ドナーと共にプロデューサー業も兼任する予定だ。この新作では、タイトルにもなっているダーク・フェニックスことジーン・グレイ役を2016年作『X-MEN: アポカリプス』から演じているソフィー・ターナーが続投することになっているほか、ジェニファー・ローレンス、マイケル・ファスベンダー、ジェームズ・マカヴォイ、ニコラス・ホルトらもそれぞれの役を再演する。一方でジェシカ・チャステインが、メインの悪役となるシーアー帝国の王女リランドラ・ネラマニ役にむけて出演交渉を進めているようだ。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ