« 『Moonlight』、2016年度ゴッサム・インディペンデント映画賞で4冠 | メイン | トム・ホランド、「混沌の叫び」シリーズ映画作で主演? »

2016年11月29日 (火)

ピーター・ジャクソン脚本のSF小説「移動都市」映画作、2018年12月公開へ

ピーター・ジャクソン「ホビット」シリーズの監督としてお馴染みのピーター・ジャクソンが脚本を手掛けるSF小説「移動都市」を原作とした映画が2018年12月公開になることが決定した。フィリップ・リーヴ著作『移動都市』映画化計画は2009年より進んでいたのだが、ユニバーサル・ピクチャーズはついに同作品が2018年12月14日に公開されることを発表した。現在のところ出演陣はまだ明らかになっていないが、2017年より製作がスタートするという。ジャクソンは7年前から同小説シリーズの映画化に興味を示していたようだが、2012年作『ホビット 思いがけない冒険』、2013年作『ホビット 竜に奪われた王国』、2014年『ホビット 決戦のゆくえ』と「ホビット」シリーズの制作が次第に忙しくなってしまったようだ。ジャクソンは同作品に脚本家として参加することになり、ジャクソンの長年のコラボレーターであるクリスチャン・リバーズが本作で監督デビューする。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ