« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

『ライオン・キング』が実写化、監督はジョン・ファヴロー

ジョン・ファヴローディズニーアニメ『ライオン・キング』が、ジョン・ファヴロー監督により実写映画化されることが決定した。今年公開された『ジャングル・ブック』の監督も務めたファヴローが、1994年作のアニメーション映画を実写版として蘇らせるための監督に就任したことをディズニーが発表し、ファヴロー本人も自身のツイッターでライオンと王冠の絵文字を添え、ファンにその喜びを伝えている。ディズニーはこの実写版に1994年のオリジナル作品の中で使用された楽曲が再び使われること、そしてこの新作の製作が急ピッチで進んでいることを明かしている。劇中の楽曲『サークル・オブ・ライフ』『早く王様になりたい』『準備をしておけ』『ハクナ・マタタ』『愛を感じて』などはエルトン・ジョンとティム・ライスによって作曲されており、『愛を感じて』は1995年度アカデミー賞最優秀オリジナルソング賞に輝いている。

「トワイライト・サーガ」シリーズに続編?

クリステン・スチュワート「トワイライト・サーガ」シリーズの続編製作をライオンズゲート社が示唆している。ステファニー・メイヤー著作の小説4巻を基にした同映画シリーズで最終作となっている2012年公開の『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』に続く新作が製作される可能性があるという。同シリーズはロバート・パティンソン演じるヴァンパイアのエドワード・カレンとクリステン・スチュワート演じるベラ・スワンの恋愛物語だ。ベラは104歳のヴァンパイアであるエドワードと恋に落ちるが、テイラー・ロートナー演じる狼族のジェイコブ・ブラックと三角関係に陥っていく。映画シリーズがこれまでに30億ドル(約3045億円)の興行成績をあげている中で、エドワードの視点から語られる『Midnight Sun』、オリジナルキャラクターたちの性別を入れ替えて描かれた『Life and Death: Twilight Reimagined』などの小説も新たに発刊されている。

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー、家庭内別居していた

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーは、離婚前からすでに家庭内別居していたようだ。12年間に渡って人生を共にしてきた2人だったが、口論が頻繁になってきたことを理由に、アンジェリーナが9月19日に離婚申請を行う前から、ハリウッド・ヒルズにある広大な自宅の敷地内で別居していたのだという。そんな中、ブラッドとアンジェリーナは婚前契約を結んでいたため、4億ドル(約406億円)とも言われている2人の資産分与に関してはそれほど大きな問題が起きることはなさそうだと見られている。2人は計12の物件を所有していると言われているが、全て2人が結婚する前に購入したもので、婚前契約書にどのように分与するのかは明記されているそうだ。

2016年9月29日 (木)

『ダークナイト ライジング』のバイク、4000万円で落札!

映画『ダークナイト ライジング』でバットマンが乗っていたバイク、バットポッドが9月27日(火)31万2000ポンド(約4116万円)で落札された。ロンドンのBFI IMAXで開催されたオークションでは、クリスチャン・ベールがバットマン役を務めたクリストファー・ノーラン監督作による三部作の最終章、2012年作『ダークナイト ライジング』の中で使用されたこのバイクのほか、さらにバットスーツが19万2000ポンド(約2530万円)、2005年作『バットマン ビギンズ』のコスチュームも9万6000ポンド(約1265万円)で落札された。そのほかにも同オークションではスティーブン・スピルバーグ監督が1975年作『ジョーズ』で使用したカチンコや、1985年作コメディ映画『グーニーズ』で使用されたお面が登場したほか、2001年作『ハリー・ポッターと賢者の石』からはホグワーツ魔法魔術学校からハリー・ポッター宛に送られた入学許可の手紙が出品され、8400ポンド(約111万円)で落札されている。

ジョディ・フォスター、スタンリー・キューブリック・ブリタニア賞受賞へ

ジョディ・フォスタージョディ・フォスターが映画業界での功績を称えられ、スタンリー・キューブリック・ブリタニア賞を受賞することになった。10月28日にビバリーヒルズのザ・ビバリー・ヒルトン・ホテルで行われる授賞式で、ジョディは50年間に渡って映画業界で成功を収め、先駆者としてのキャリアを築いた人物として表彰される。同賞を受賞する今年は、ジョディが娼婦役を演じた1976年作『タクシードライバー』と、エンターテイナーのタルーラ役で出演したコメディ・ミュージカル映画『ダウンタウン物語』の公開40周年にあたる。受賞理由はその演技力だけでなく、ジョディが数々の映画で監督しての才能も発揮してきたことにもあると見られている。

イドリス・エルバ、初のキックボクシング試合が来月に決定!

イドリス・エルバイドリス・エルバにとって、プロとして初のキックボクシング試合が来月に決定した。もともとは健康のためにキックボクシングを始めたというイドリスだが、ただの趣味という枠を超え、タイまで行って実際のリングへ立つことになった。リングで戦うことが夢だったというイドリスは、怪我を負う可能性を認めながらも、戦うためにトレーニングをしてきたからには自分を試してみたいのだと意気込みを語る。そんなトレーニングの中ですでに何度か鼻を負傷しているというが、俳優業を続けていくためには容姿が重要であることから、あまりその怪我が目立たないことを願っているそうだ。世界でも俳優として引く手あまたのイドリスだが、DJとしても世界をまたにかけて活動しているほか、ファッションブランドのスーパードライと提携して自身の洋服ブランドも発足しているなど各方面で大忙しだ。

2016年9月28日 (水)

ブラッド・ピット、新作映画の試写会参加を断念

ブラッド・ピットブラッド・ピットが、家庭の問題に集中するため新作映画の試写会への参加を断念することにしたようだ。ブラッドは、アンジェリーナ・ジョリーとの離婚騒動が素晴らしい映画への注目の妨げになるとして、テレンス・マリック監督作『Voyage of Time』の試写会に参加しないことを発表した。試写会への出席こそあきらめたブラッドだが、出されたコメントの中ではこの新作がとても美しい映画であり、子供たちとその家族にユニークな体験を提供するIMAX映画だと自信を語った。現在離婚騒動の渦中にいるブラッドとアンジェリーナだが以前、2人は結婚生活を修復するためにできることはすべて取り組んだと言われていた。

マリリン・モンローの、あのミンクのストールがオークションに

マリリン・モンローが映画『ラヴ・ハッピー』の中で着用していたミンクのストールがオークションに出品される。1962年にロサンゼルス内の自宅で急性バルビツール中毒により36歳の若さで死亡したマリリンの身に着けたこのアイテムは、ロサンゼルスのネイト・D・サンダース・オークションズで競売にかけられることになる。1950年代にセックスシンボルとしてその名を馳せたマリリンだが、ブレイク前であった1949年の『ラヴ・ハッピー』にわき役として出演した際、役作りのために鏡の前で練習したという特有の歩き方は、後にマリリンのトレードマークとなった。11月に開催されるこのオークションではほかにもヒット映画『お熱いのがお好き』でマリリンが来ていたドレスや、未公開の手書きのメモや手紙、宝石やメイク用品、靴など計1200点以上のアイテムなどが登場する予定だ。

ヒラリー・ダフ、ついに新恋人の存在を認める!?

ヒラリー・ダフヒラリー・ダフが、以前から噂になっていたジェイソン・ウォルシュと交際中であることを暗に認めるような発言をした。6月からパーソナルトレーナーであるジェイソンとのロマンスを囁かれていたヒラリーは「グッド・デイ・ニューヨーク」に出演した際、ジェイソンが長年の知り合いであり、一緒にいてとても楽しい相手だと話し、ジェイソンと交際しているかと直球の質問を受けると、ぎこちない笑いを浮かべながら両手を上げて暗に交際を認めるようなそぶりをみせた。ヒラリーは昨年2月に和解し難い不和を理由に4歳の息子ルカ君をもうけた元アイスホッケー選手の夫マイク・コムリーと離婚を申請しており、今年の2月になって法的にも離婚が成立している。

2016年9月27日 (火)

リンジー・ローハンの元婚約者、金銭的援助を行っていた?

リンジー・ローハンの元婚約者はリンジーが最新映画の撮影を行っている間、金銭的援助を行っていたと報じられている。リンジーは以前、元婚約者のエゴール・タラバソフが「一文無し」であったため自分で婚約指輪を買わなければならなかったと発言していたが、ここにきて実際はリンジーが今年に入りクレジットカードを利用限度額まで使ってしまったことで金欠に陥っており、エゴールがその状況を助けていたのだと言われている。エゴールがリンジーの巨額の支払いを肩代わりしていただけでなく、リンジーはエゴールのクレジットカードを使って自身や家族にプレゼントを買ったりもしていたそうだ。2014年7月から交際を始めた2人だったが、ギリシャのミコノス島で携帯電話を巡って大喧嘩をしている姿が目撃された後、先月に破局を迎えている。以降リンジーはエゴールのことを「怠け者」呼ばわりしており、自身の自宅に滞在し名声を利用したと批判している。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ