« ピーター・マクニコル、エミー賞ノミネートを取り消される | メイン | レディー・ガガ、運転免許取得後わずか2週間で警察に止められる »

2016年7月22日 (金)

ヘイデン・パネッティーア、犬の世話係と法廷争い

ヘイデン・パネッティーアヘイデン・パネッティーアが、犬の世話係と法廷争いを繰り広げている。フィアンセのウラジミール・クリチコとの間に1歳8カ月の娘を持つヘイデンは、先日8500ドル(約90万円)以上の給料が未払いだと訴えられていたティア・ブルックスに対して、自身の2匹の犬を人にあげていたにも関わらず世話代を請求し続けていたとして反論している。ヘイデンの弁護士によれば、ヘイデンは保護した2匹を引き取り手が見つかるまで1日30ドル(約3200円)でブルックスに世話してもらうよう依頼していたが、ブルックスは先月クレイグリストに貰い手を探す広告を掲載し、新たな飼い主を見つけたにも関わらずヘイデンに世話代を要求していたという。一方でブルックスは2匹の犬を6年間に渡って世話をしたことに対して1193万3588ドル(約1270万円)もの巨額を請求しており、その中には犬の骨、虫よけスプレー、ダニ抑制剤、犬用ベッドなどの金額も含まれているというが、その請求額の大半は1匹が病気にかかったことでの治療費だと主張している。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ