« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月28日 (木)

ザック・エフロン、恋人と破局?

ザック・エフロンザック・エフロンとサミー・ミロが、約2年間の交際に終止符を打ったようだ。ザックは自身のソーシャルメディアからモデルのサミーと一緒に写った写真をすべて削除したようだ。サミーは以前、ザックとの交際について周囲からとやかく言われることは話半分に聞くことを心がけ、相手の立場になって考えることでなぜそういうことを言われるのかが理解できるようになると、その注目度への対処法について明かしていた。その一方で、自分の生活を隠すつもりはなく、ソーシャルメディアは自分の生活に何が起こっているかを表す場所として活用していると話していた。

リンジー・ローハン、元運転手から給料未払いで訴えられる

リンジー・ローハンリンジー・ローハンが、元運転手から給料未払いで訴えられている。3万5000ドル(約388万円)以上の給料を支払われていないと訴えている元運転手のエドソン・リッチは、1年以上に渡ってリンジーからその件について何の返答ももらえていないとして今回法的な支払要請を行った。リッチはすでに昨年8月に裁判所に書類を提出しており、リンジーをはじめ、リンジーの家族や友人たち、関係者らの送迎サービスを行うことで支払いを受けるという約束だったにも関わらず、2012年8月から2013年10月までのサービス料として計4万3900ドル(約486万円)の請求書を送ったところ1万7500ドル(約194万円)しか支払われなかったとしていた。さらにリンジーがニューヨークのホテルで請求された1439ドル18セント(約16万円)を立て替えたものの、そのお金も返されていないという。現在リッチは支払いの利子8835ドル32セント(約98万円)を含む合計3万6674ドル50セント(約406万円)の支払いを求めており、この裁判の審問は来週行われることになっている。

アンジェリーナ・ジョリー、『マレフィセント』続編出演へ

アンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリーが、『マレフィセント』続編に出演することが決定した。『眠れる森の美女』に登場する悪役の魔女マレフィセントを題材にした第1弾作品で主演を務めたアンジェリーナが、再び続編にも登場することになったとディズニーが発表している。第1弾の脚本を手掛けたリンダ・ウールヴァートンが続編の脚本も担当する。アンジェリーナは以前、同作品の続編製作は必要ないのではないかと話していたことから、続編出演のニュースは驚きの展開として捉えられている。ディズニーは現在、『101匹わんちゃん』のスピンオフ作品でエマ・ストーン主演の『クルエラ』を製作することを発表している。

2016年4月27日 (水)

マーク・ウォールバーグ、サプリブランドを開始

マーク・ウォールバーグマーク・ウォールバーグが、オリジナルのサプリブランドを立ち上げるようだ。鍛え上げられた肉体で知られるマークは、天然タンパク質を使用した数々の製品やエクササイズ前におすすめのサプリなどを発売する予定だという。“正しい方法で筋肉の構築と脂肪燃焼を促す”ことを目的とするその健康商品についてマークは、その製品が自身の自然志向を反映し、全て天然成分を使用したものだとアピールしている。そんなマークは激しいトレーニングよりも楽しむことが重要だと考えているそうで、エクササイズをして健康的な食生活をしながらも、ワインを飲んだり好きなものを食べることが大事だとしている。

米コメディアン、パットン・オズワルトの妻が46歳で死去

パットン・オズワルトアニメ作『レミーのおいしいレストラン』で主役の声を務めたことなどで知られるパットン・オズワルトの妻ミシェル・マクナマラが46歳で他界した。パットンが11年間に渡って結婚生活を送り、7歳の娘をもうけたミシェルはロサンゼルスの自宅で睡眠中に息を引き取ったという。死因については明らかになっていないが、この訃報を発表したパットンの広報によれば、遺族や友人たちにとって予想していなかった死だったようだ。驚くべき犯罪や未解決事件などを取り上げるウェブサイトTrue Crime Diaryのライター兼創設者でもあったミシェルは以前、自身の探求心が理由でそのサイトを立ち上げたと語っていた。

プリンスの自宅がミュージアムへ

プリンスプリンスのペイズリー・パークの自宅がミュージアムになるという。4月21日に57歳でこの世を去ったプリンスがミネソタ州に所有していた自宅兼スタジオが、ミュージアムとしてファンに扉を開くことになると遺族が発表した。プリンスの義弟モーリス・フィリップスはこの場がプリンスにとって一番大事であったファンのための場所になるとし、この言葉を裏付けるように、コラボレーターであり元恋人でもあったシーラ・Eもプリンスが生前、すでに自宅のミュージアム化を考えていたことを明かしている。シーラによれば、プリンスはツアーからの記念品などを集めて始めていたところだったそうで、自身はあまりこだわりがなかったアワードの数々をファンのために廊下に飾っていたという。

2016年4月26日 (火)

ホアキン・フェニックスがキリスト役?

ホアキン・フェニックスホアキン・フェニックスが、新作映画『Mary Magdalene』のイエス・キリスト役候補に挙がっているようだ。監督を務めるガース・デイビスがホアキンに出演のラブコールを送っているようだが、スケジュール上での問題がある可能性があり、すぐに契約成立とはいかないようだ。ルーニー・マーラが演じることになる「マグダラのマリア」の名で知られるタイトルロールのメアリー・マグダレンは、従者達によって神の御子とあがめられたキリストに助けられ、キリストの従者となった人物。西方教会ではメアリーはしばしば娼婦として描かれていたものの、新約聖書の福音の中でメアリーが娼婦であるという記載は一つもない。ヘレン・エドマンソンとフィリッパ・ゴスレットのコンビが脚本を執筆した本作は、この聖書に登場するメアリーを実物に近く人間主義的な表現で描くことになるという。

パメラ・アンダーソン、映画版『ベイウォッチ』出演へ

パメラ・アンダーソンオリジナルドラマ作に出演していたパメラ・アンダーソンが、映画版『ベイウォッチ』にも出演することになった。1992年から1997年にかけて放送されていたドラマ作でC.J.パーカー役を演じていたことで知られるパメラが映画版にも出演することになった。映画版の主演の1人であるドウェイン・ジョンソンはC.J.パーカーという存在とこの世代の最も象徴的なキャラクターを世界に広めた人物だとするパメラの参加を喜んでいるとインスタグラムで伝えている。カリフォルニアのライフガード達の姿を描く本作は、ダミアン・シャノンとマーク・スウィフトが執筆した脚本を基に『モンスター上司』などで知られるセス・ゴードンが監督を務める。石油王の手からカリフォルニアのビーチを守るためにドウェインがザック・エフロン演じる若手ライフガードとイヤイヤ手を組むことになる姿を描いた新作は、来年5月に公開予定だ。

ウィル・フェレルとマーク・ウォールバーグ、『パパVS新しいパパ』続編の製作へ

マーク・ウォールバーグ、ウィル・フェレルウィル・フェレルとマーク・ウォールバーグが、『パパVS新しいパパ』の続編で再タッグを組むようだ。真面目な義父のブラッドとワイルドな実父ダスティが子供の一番のお気に入りになろうと奮闘する姿を描いた前作は、海外で昨年12月に公開され、日本では劇場公開されなかったものの世界的には2億4040万ドル(約267億円)の興行収入を上げる大ヒットとなった。ウィルにとっては実写版の出演作で史上最高の収益を上げた作品になるほどの成功を受け、パラマウント・ピクチャーズ社は続編の製作に乗り出したようだ。前作では2人が友情を築いてエンディングを迎え、ダスティの再婚相手の元夫がWWE選手のジョン・シナ演じるキャラクターであることが明らかになっていたが、この続編に他の前作からのキャストがまた出演することになるのかは分かっていない。前作でも監督を務めたショーン・アンダースが引き続きメガホンを取り、ジョン・モリスと共にまた脚本も執筆することになるようだ。

2016年4月25日 (月)

マライア・キャリー、自分に扮する仮装パーティーを主催

マライア・キャリーマライア・キャリーが、招待客に自分のような恰好をしてもらう仮装パーティーを開いたようだ。イタリアのコモ湖にある別荘で40人の親しい友人たちを招いて開いたというこのパーティーは「マライア」がテーマとなっていたという。ある関係者はニューヨーク・ポスト紙のページシックス欄に「男性でさえマライアの格好をしていましたよ。でもマライア自身はもう1人の自分であるビアンカに扮して、黒のウィッグをかぶっていました」と語る。オーストラリアの富豪ジェームズ・パッカー氏と婚約中のマライアは、今後放送予定となっている自身のテレビ番組に向けてそのパーティーの様子を収録していたという。今回のパーティーの会場となった18世紀に建てられたヴィラ・ナポレオンは1泊12万250ドル(約134万円)からという超高級別荘で、8寝室、鐘楼、屋内ジム施設、ホームシアターなどを兼ね備え、コモ湖の美しい景観が望める立地だという。また、ジョージ・クルーニー夫妻の別荘からも10分ほどの場所だそうで、これまでには作曲家のヴィンチェンツォ・ベッリーニも住んでいたことがあるそうだ。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ