« 『ナイトライダー』のデビッド・ハッセルホフ、デビッド・ホフに改名! | メイン | ルーニー・マーラ、『ドラゴン・タトゥーの女』に再び出演へ! »

2015年11月17日 (火)

ジェニファー・ローレンス、『The Roise Project』降板理由は長引いた交渉

ジェニファー・ローレンスジェニファー・ローレンスが、『The Roise Project』を降板した理由は出演交渉が長引いたことにあったようだ。グラム・シムシオン著作の小説を基にしたこの新作に出演料カットを受け入れてまで出演に合意していたジェニファーだったが、ソニー・ピクチャーズの会長トム・ロスマン氏が条件に合意せずになかなか交渉が進まなかったことから降板を決めたそうだ。『6才のボクが、大人になるまで。』で知られるリチャード・リンクレイター監督は早々と契約を結んでいたが、ジェニファーの出演がメガホンを取る条件だったために、ジェニファーの降板に続いてリンクレイター監督も降板してしまった。リンクレイター監督の前には、フィル・ロード&クリストファー・ミラーがメガホンを取るはずだったが、ハン・ソロを主役とした『スター・ウォーズ』スピンオフ作品の監督を務めることになり、降板している。『The Roise Project』は、コミュニケーション能力に乏しい遺伝子学の教授である男が科学的手法を使って完璧な友達を見つけようとするものの、まったく気の合わない女性ロージーから好かれてしまうというストーリーになっている。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ