« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

エミリー・ブラントの元自宅、Airbnbで貸し出し中!

ジョン・クラシンスキー、エミリー・ブラントエミリー・ブラントとジョン・クラシンスキー夫妻が以前に住んでいたロサンゼルスの住居が、Airbnbで1泊600ドル(約7万2000円)で貸し出されているという。最近になってエミリー夫妻が売約していた3000平方スクエアフィートの広大な敷地を備えた250万ドル(約3億円)相当のその物件は、現在同サイトで人気宿泊施設になっているという。大きなリビングルームにオープンキッチンのダイニングルーム、そして6寝室を備えているほか、3つのバスルーム、大きなベランダ、夏にはパーティーも楽しめるのに十分な屋外の娯楽エリア、ジャグジーなども付いており、ベランダからはハリウッドの美しい景観が望めるロケーションとなっているようだ。エミリーとジョンは2010年に挙式した後、2014年にこの物件を257万5000ドル(約3億1000万円)で購入したものの、娘のヘイゼルちゃんが1年7か月前に誕生したことを機にさらに大きめの家に引っ越すことに決めていた。

レベッカ・ホールが結婚!

レベッカ・ホール『それでも恋するバルセロナ』などで知られるレベッカ・ホールが、9月26日、ニューヨークのソーガティズで俳優のモーガン・スペクターと挙式した。式にはデビッド・ブレインなどを含む数々の著名人が出席していたという。2011年には『007 スペクター』『007 スカイフォール』の監督として知られるサム・メンデスと噂になったこともあるレベッカだが、ブロードウェイ作「Machinal」で共演したことをきっかけにモーガンと交際をスタートさせていた。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの創設者であるピーター・ホールを父に持つレベッカだが、最近ではホラー作『The Gift』でジョエル・エドガートン、ジェイソン・ベイトマンと共演していたほか、『アイアンマン3』では主役のロバート・ダウニー・Jr演じるトニー・スタークの元恋人役としてますます知名度を上げていた。

リヴ・タイラーとデイヴ・ガードナー、やはり婚約していた!

リヴ・タイラーリヴ・タイラーとテイヴ・ガードナーが婚約していたようだ。すでに7か月の息子セイラー君を持つ2人が、昨年12月に婚約していたことが明らかになった。クリスマスに婚約したと言われるリヴは指輪を着けているとされているものの、婚約の事実を隠しておきたいようだと言われている。デイヴとリヴは現在、それぞれが生活拠点を置くロンドン、ニューヨーク、リヴのドラマ撮影のために滞在しているテキサス州オースティンを行き来する生活を送っているが、ゆくゆくは一緒に同じ場所で暮らしていきたいと考えていることを先日のインタビューでリヴが明かしていた。

2015年9月29日 (火)

ウェズリー・スナイプス、ブレイドのアベンジャーズ参加を熱望!?

ウェズリー・スナイプスウェズリー・スナイプスは、自身の演じるブレイドが「アベンジャーズ」シリーズに加わることを希望しているようだ。2004年の『ブレイド3』を最後にそのキャラクターから退いているウェズリーだが、人間とヴァンパイアの混血である同マーベル・キャラクターを演じるにはまだ身体的に可能だとしており、「アベンジャーズ」チームに参加したいと語っている。「実現したら面白いよね。コミック本の中には登場しているのは知ってるからね。どうやってスタジオ側がブレイドを取り入れるのか、実際にうまくなじむのかっていうのを見て見るのは興味深いね。誰かに噛みつかなきゃいけないだろうね。誰にするかは分からないけどさ」そんなウェズリーだが、「ブレイド」シリーズ続編製作の話が出たら喜んで演じるつもりだとハフ・ポスト・ライブに語っている。

サルマ・ハエックの髪の毛をカットしているのはペネロペ・クルス!?

サルマ・ハエックペネロペ・クルスが、サルマ・ハエックの髪の毛をカットしているそうだ。実家のヘアサロンを手伝いながら育ったというペネロペは髪の毛をいじるのが大好きだそうで、親しい友人であるサルマの髪の毛を頻繁にカットしてあげているのだという。「私が9歳の頃は両親の美容室で1日2時間位人の髪の毛を洗ったりカットしたりしていたから、今でも親友のサルマ・ハエックとかやらせてくれる人にはやらせてもらってるのよ。彼女の家が停電になった時でもキャンドル1つでやったこともあるの。それって私を本当に信頼してくれてるってことよね」幼少期は月末を迎えるのがやっとな生活だったというものの幸せな家庭だったそうで、ペネロペはザ・オブザーバー紙に「私たちは基本的なものしか持っていなかったけどすごく愛情に溢れていたから、私は自分の育った環境に感謝しているの」と語った。

マット・デイモン、2003年作『デアデビル』出演を断っていた!

マット・デイモンマット・デイモンは、2003年作『デアデビル』に当初、ベン・アフレックが務めた主役のオファーをもらっていたものの断っていたという。幼馴染同士で『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の脚本、出演をきっかけに共にスターダムにのし上がったベンとマットだが、コミック本を映画化した『デアデビル』の主演オファーを最初はマットが受けていたが、断った後にベンが演じることになったのだというエピソードを明かした。子供の時から2人で読んでいたという同作の映画化に不安を感じたことでマットが断った際、ベンはならば自分がやらなくてはとその役を引き受けるに至ったというが、結局はその出来栄えにベンは不満が残る結果となってしまったようだ。とは言え、マットはそんなベンが失敗を経てもキャリアを立て直してきている姿を目にしてきたことで、自分のキャリアにおいても不安がなくなったのだそうだ。

2015年9月28日 (月)

ユニバーサル、『ワイルド・スピード8』の監督探しに必死!

ヴィン・ディーゼルユニバーサル社が、人気シリーズ第8弾となる『ワイルド・スピード8』に向けて最適な監督を必死に探しているところのようだ。同シリーズおなじみのジャスティン・リン監督と前作『ワイルド・スピード SKY MISSION』の監督を務めたジェームズ・ワンが共に次回作で監督することを断ったため、ユニバーサル側は引き続き監督探しを続けていることを発表した。ユニバーサルの広報はワンがプロデューサー兼主演のヴィン・ディーゼルと一緒に仕事をするのが困難であるという理由から新作への監督続投を拒否したという噂を一蹴しており、『死霊館2』とのスケジュールの兼ね合いにより、ワンが第8弾を手がけることは元から視野に入れられていなかったと明かしている。

ブラッド・ピット最新作撮影に近隣牧場が大迷惑!?

ブラッド・ピットブラッド・ピットが現在行っている最新映画の撮影の影響で、現場付近の牧場の動物たちが恐怖をおぼえているという。ブラッドがプロデュースを手掛ける「ロスト・シティZ 探検史上、最大の謎を追え」の映画化作『The Lost City of Z』の撮影が北アイルランドのバリーガリーで行われる中、その撮影セットからの巨大な爆発音に牧場で暮らす馬や牛、鶏たちが怯え、激しく鳴いているという。シエナ・ミラー、ロバート・パティンソン、チャーリー・ハナムらが出演するこの作品は、イギリス人探検家パーシー・フォーセットがアマゾンの奥地で伝説の民族を見つけるべく冒険する姿を描くものとなっており、2016年公開予定となっている。

ジャスティン・セロー、ジェニファー・アニストンの旧姓維持を希望!

ジャスティン・セロー、ジェニファー・アニストンジャスティン・セローは、ジェニファー・アニストンに旧姓を維持して欲しいと思っているようだ。先月、カリフォルニア州ベル・エアの自宅で結婚式を挙げた2人は、今のところ一度もジェニファーの苗字変えることについて話したことはないものの、ジャスティンとしてはアニストンの名を変えるのは良くないと思っているという。そんなジャスティンとジェニファーはコートニー・コックスやジェイソン・ベイトマンらを含む友人らと共にハネムーンを楽しんできたが、それは結婚式の後でもみんなと一緒にお祝いを続けたかったからだそうで、パーティーを楽しみながらリラックスしたとても良い時間を過ごすことが出来たとその満足感を明かしていた。

2015年9月25日 (金)

デヴィッド・ボウイ、テレビドラマの主題歌を担当!

デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイが、新作ドラマ「The Last Panthers」の主題歌をリリースするようだ。ヨーロッパを舞台にした犯罪スリラーを描くドラマで、オープニングに流れることになるというダークかつ美しい曲は、マドンナやビヨンセ、ラナ・デル・レイなどを手がけたことでも知られるヨハン・レンク監督とのコラボ作となるようで、レンクはボウイが同ドラマをまさに表した楽曲を作ってくれたと絶賛している。ボウイが前回テレビ番組のテーマソングを書き下ろしたのは1993年にBBCで放送された「郊外のブッダ」となっている。「The Last Panthers」はヨーロッパの暗黒界を舞台にした6話仕立てのシリーズとなっており、英国アカデミー賞も受賞しているサマンサ・モートンとゴールデングローブ受賞歴のあるジョン・ハートという豪華なキャストが登場する。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ