« ゴールデン・グローブ賞、『6才のボクが、大人になるまで。』が3冠で最多! | メイン | ジェニファー・ハドソン、ブロードウェイデビューへ »

2015年1月13日 (火)

ヘレン・ミレンら、ゴールデン・グローブ賞でシャルリー・エブドとの連帯を示す

ヘレン・ミレンヘレン・ミレン、ジョージとアマル・クルーニー夫妻ら俳優達が、先日のパリの新聞社襲撃事件を受け、仏政治週間新聞シャルリー・エブドを支援する意向をゴールデン・グローブ賞受賞式典の席で示した。ヘレンは1月11日(日)に新聞社「シャルリー・エブド」との連帯を示すスローガン「私はシャルリー」という意のフランス語のサインを掲げてレッドカーペットに現れた、さらにアマルは同じメッセージが書かれたバッジをバッグにつけ、連続テロ事件を通ってきたフランスの人々に対して敬意を払った。セシル・B・デミル賞を受賞したジョージはスピーチの中でその連帯を示し、ジョシュア・ジャクソン、ダイアン・クルーガー、キャシー・ベイツら数多くのスター達も「私はシャルリー」のサインを掲げて参加した。また、ハリウッド外国人映画記者協会のテオ・キングマ代表は、北朝鮮からパリまでどこであろうと言論の自由を妨げる者に対して立ち向かうというスピーチを行い、会場からはスタンディングオベーションが起こった。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ