« 2014年7月 | メイン | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月28日 (木)

リチャード・アッテンボロー死去、90歳

リチャード・アッテンボローリチャード・アッテンボローが、8月24日の昼、90歳で亡くなった。ベテラン俳優でもあり映画監督でもあったリチャードは、2008年に脳卒中に襲われ自宅階段から転落して以来体調が悪化していたという。『ブライトン・ロック』『大脱走』『ジュラシック・パーク』などに俳優として出演したことで知られるリチャードは、1983年アカデミー賞作品賞と監督賞を受賞した『ガンジー』の監督としても有名だった。2012年後半には、1945年に結婚した妻シーラ・シムが老人性認知症と診断されたことでロンドンにある老人ホームへと入所し、2013年3月には自身も同じ老人ホームへ入っていた。リチャードとシーラの間にはジェーン、マイケル、シャーロットの3人の子どもがいるが、ジェーンとその娘ルーシーは2004年のスマトラ沖大震災による津波で命を落としている。

「ブレイキング・バッド」がエミー賞で最多受賞!

ブライアン・クランストン「ブレイキング・バッド」が、8月25日に行われた第66回プライムタイム・エミー賞授賞式で最多受賞を果たした。昨年に終了を迎えた同作は、最高賞となる作品賞とブライアン・クランストンのドラマ部門での主演男優賞を含む6部門で受賞を果たし、有終の美を飾った。アーロン・ポールとアンナ・ガンもまた、同番組でドラマ部門の助演男優賞と助演女優賞にそれぞれ輝いている。そんな中「モダン・ファミリー」は5年連続でコメディ・シリーズ部門の作品賞を獲得しており、同作でフィル・ダンフィー役を演じるタイ・バーレルがコメディ部門の助演男優賞に輝いた。コメディ部門では「ヴィープ」のジュリア・ルイス=ドレイファスが3度目となる主演女優賞、「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」のジム・パーソンズが4度目の主演男優賞を果たしている。ほかにも、ミニシリーズ/ムービー部門で「SHERLOCK/シャーロック」のベネディクト・カンバーバッチが主演男優賞に輝き、同作の共演者で「ファーゴ」では主演男優賞にもノミネートされていたマーティン・フリーマンが助演男優賞を獲得している。

オリヴィア・ワイルドが母乳でアイス・バケツ・チャレンジ!

オリヴィア・ワイルドオリヴィア・ワイルドが、8月23日、バケツ一杯の自身の母乳をかぶったという。婚約者ジェイソン・サダイキスとの間に4ヶ月の息子オーティス君を持つオリヴィアは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を支援するチャリティー活動で、通常ならば水をかぶるアイス・バケツ・チャレンジをオリヴィア流に自身の母乳に氷を入れてかぶるという方法で行った。ジェイソンが撮影してYouTubeにアップされたチャレンジ映像の中でオリヴィアはカメラに向かって、バケツ一杯の母乳を溜めるために一晩かかったとコメントした上でその白い液体を頭からかぶり、次の候補者を指名している。そんなオリヴィアは先日グラマー誌にて、オーティス君に授乳する姿を披露していた。

2014年8月27日 (水)

アシュトン・カッチャー、テレビ業界で最も稼いだ俳優に!

アシュトン・カッチャーアシュトン・カッチャーが3年連続でテレビ業界で最も稼いだ俳優になった。アメリカの人気ドラマ「ハーパー☆ボーイズ」に出演するアシュトンは、2013年6月から2014年6月の過去12ヶ月間に2600万ドル(約27億円)を稼ぎ出したことで、フォーブス誌が発表したテレビ業界で最も稼いだ俳優リストのトップにまたもや輝いた。同着2位には1900万ドル(約19億7000万円)でジョン・クライヤーとマーク・ハーモンが続き、アメリカン航空のCM出演契約とブロードウェイ・ミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」への主演のおかげで去年より300万ドル(約3億円)アップの1800万ドル(約18億7000万円)という僅差でニール・パトリック・ハリスが3位にランクインしている。ケヴィン・スペイシーとパトリック・デンプシーが共に1600万ドル(約16億6000万円)で4位に並び、5位には1500万ドル(約15億5000万円)でティム・アレンがつけている。

ブルース・ウィリス、ビバリーヒルズの自宅を破格で売却!

ブルース・ウィリスブルース・ウィリスが、ビバリーヒルズにある自宅を破格で売却したようだ。昨年の5月にスペインの農場主風の高級住宅を2200万ドル(約23億円)で売りに出したブルースだったが、予想よりも買い手の興味を惹きつけられなかったため、結局1650万ドル(約17億円)で売却することに決めたという。とは言え、2004年に900万ドル(約9億円)というわりと控えめな価格で購入したブルースはかなりの利益を得ることになるが、引っ越してから行った大規模な改築工事を考慮してその高めの価格設定となっている。この豪邸には、ホームシアター、図書館、シェフ用のキッチン、テニスコート、大きなプールにアウトドアキッチンまで備えられている。この11室のバスルームを持つ物件にブルースは、妻エマと2人の娘であるメイベルちゃんと生後3カ月のエヴリンちゃんと共に住んでいたが、一家は現在、ニューヨークにある高級マンションに引っ越している。

ブラッドリー・クーパー、オアシスの大ファン!?

ブラッドリー・クーパーブラッドリー・クーパーはオアシスの大ファンだそうだ。ノエルとリアムのギャラガー兄弟による度重なる意見の相違により2009年に解散に至ったオアシスだが、ブラッドリーはグラストンベリー・フェスティバルでノエルと一緒に時間を過ごしたことで、同バンドへの愛情がさらに深まったそうだ。そんなブラッドリーは先日、新作映画でドン・ペンデルトン著作に登場する架空のキャラクター、マック・ボラン役を演じることが発表されている。このキャラクターは世界に正義をもたらすことに熱意を燃やし、マフィアの壊滅を目指しているといった役どころ。この新作映画でブラッドリーは「ハングオーバー」シリーズのトッド・フィリップス監督と再びタッグを組むことになっており、この作品がヒット作となれば、ペンデルトン作品に基づいたシリーズ映画化が見込まれている。

ダニエル・ラドクリフ、日本語を猛勉強中!?

ダニエル・ラドクリフダニエル・ラドクリフが日本語を勉強しているという。レッスンを受けてはいるものの現在かなり苦戦していると明かしているダニエルのお気に入りの単語は「時々」だそうで、というのも発音がOKのカジュアルな言い方である「オーキードーキー」に似ているからなのだという。学校で習ったため、スペイン語も少し話せるダニエルだが、地元イギリスの試験でスペイン語の好成績を収めたのは、発音の良かったからで、文法は全くタメなのだとか。そんなダニエルは今回、若かりし頃はキャメロン・ディアスの大ファンで、自分の部屋にドリュー・バリモアと共にポスターまで貼っていたと明かしている。

2014年8月22日 (金)

ジュリア・ロバーツ夫妻、ヒューマニタリアン賞受賞へ!

ジュリア・ロバーツジュリア・ロバーツと夫ダニー・モダーが、慈善活動を表彰されることになったようだ。3人の息子を持つはジュリアとダニーは、人気ドラマ「The Normal Heart」の制作に携わったことによる栄誉を称えて、ゲイ、レズビアン、ストレートの為の教育ネットワーク(GLSEN)のヒューマニタリアン賞を、10月7日ロサンゼルスで開催されるリスペクト・アワード受賞式にて与えられることになるようだ。同ドラマにジュリアは女優として、ダニーは撮影監督として携わっており、2人はこのドラマを通じてHIVへの関心を高めたこと、またユニセフ、ヒール・ザ・ベイ、スタンド・アップ・トゥ・キャンサーなどを含むチャリティー団体を支援したことを称えられるようだ。ラリー・クレイマーによる1985年の同名舞台作品をドラマ化したこの作品は、エイズの流行が始まって間もない時期について描かれており、8月25日(日本時間8月26日)に行われるエミー賞にも11部門でノミネートされている。

ミーシャ・バートン、映画撮影を忘れて訴えられる!?

ミーシャ・バートンミーシャ・バートンが、30万ドル以上の賠償金裁判を起こされている。2006年に人気ドラマ「The OC」の出演以来なかなか日の目を見ていないミーシャだが、映画『Promoted』のプロデューサーらから、ミーシャがヨーロッパで遊んでいために映画の撮影現場に現れなかったことで訴えられているようだ。この訴訟では、今年3月にプロデューサー陣が連絡を取ろうとしたが、ミーシャからの返答がなかった上、撮影開始の前日になってミーシャの母親からミーシャがヨーロッパにいるためまだ撮影に参加できないというメールが届き、ミーシャのソーシャルネットワークでは、イタリアでパーティーをしたり、友人と観光をしている様子が見て取れたという。この件で、プロデューサー陣は頭金2万ドル(約200万円)、マーケティング費用20万ドル(約2000万円)、ミーシャが同作に出演しないことによって映画会社が失うであろう損失額10万ドル(約1000万円)の賠償請求を要求するという。そんなミーシャは先日、5か月間に及ぶ住宅ローンの滞納により、自宅が差し押さえられたと報じられていたばかり。

ジョニー・デップ、新作映画で娘と共演へ!

ジョニー・デップジョニー・デップが、次回作で娘と共演するようだ。ジョニーはコミック本を原作とした新作『Yoga Hosers』で、15歳の娘リリー・ローズと共演することになる。また、監督を務めるケヴィン・スミスも実の娘ハーレー・クイン・スミスを出演させることになっているという。「男が目にする中で最も恐ろしくて手ごわい生き物」と監督が表現する15歳の2人の少女が主役となるこの作品は、2人のヨガ好きなティーンエイジャーが盛大なパーティーの計画を台無しにしようとしている悪に立ち向かうというストーリー。スミスの前監督作『Tusk』からジョニーをはじめ多くの出演者が引き続き出演する方向であるほか、アダム・ブロディ、オースティン・バトラー、タイラー・ポージーなどもキャスティングされている。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ