« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月27日 (金)

イーライ・ウォラックが98歳で死去

イーライ・ウォラックイーライ・ウォラックが98歳で死去した。セルジオ・レオーネ監督によるクリント・イーストウッド主演の西部劇『続・夕陽のガンマン』のトゥーコ役で知られるイーライが他界したことを、娘のキャサリンがニューヨーク・タイムズ紙に認めた。10年間に渡って舞台で活躍した後、1956年に映画界に入ったイーライは、1960年の『荒野の七人』で演じた盗賊団リーダーのカルベラも代表的な役柄とされている。60年間における俳優業の中でアカデミー賞にノミネートされることはなかったものの、2011年にはその幅広い役柄を自然と自分のものにし、それぞれの役柄に独特の味を取り入れたとして「カメレオンの真髄」という栄誉をアカデミーから与えられている。また、コメディ作でも成功を収めたほか、数々のテレビシリーズにも出演しており、「ミスター・フリーズ」ではバットマンの敵で悪の科学者であるタイトルロールを演じた。イーライの最後の出演作は2010年に94歳で出演した『ウォール・ストリート』だった。

アントニオ・バンデラス、シャロン・ストーンに急接近!?

アントニオ・バンデラスアントニオ・バンデラスがシャロン・ストーンに急接近していると言われている。今月初めに18年間の結婚生活を送った末、メラニー・グリフィスと破局したアントニオだが、友人たちはアントニオが今後のロマンスの可能性には焦ってはいないものの、長年の友人であるシャロンとの間には間違いなく常に特別なものがあり、最近ではこれまで以上に親密になってきているとしている。メラニーの手前、穏便に進めようとしている2人だが、来月には一緒にホリデーに行く計画も立てているそうだ。また、アントニオとの間に17歳の娘ステラちゃんを持つメラニーは、このアントニオの新しいロマンスの可能性には不思議な気分だというものの、それぞれの道を歩み出すことが2人にとって良いことだと考えているという。

ノア・ワイリー、サラ・ウェルズと結婚

ノア・ワイリーノア・ワイリーがサラ・ウェルズと結婚した。2011年以来サラと交際していたノアが、カリフォルニア州サンタバーバラの農場で今月初めに極秘結婚しており、パリの新婚旅行から帰国したばかりであることをノア自らが明らかにした。ノアが芸術プロデューサーを務めるロサンゼルスのザ・ブランク・シアター・カンパニーの公演で出会い、昨年に婚約していた2人は、素晴らしくロマンチックなハネムーンを楽しんだそうだ。メイクアップ・アーティストのトレイシー・ワービンと2009年10月まで9年間結婚していた過去のあるノアは、トレイシーとの間に11歳のオーウェン君と8歳のオーデンちゃんをもうけており、離婚後も良い関係を保っていると言われている。

2014年6月26日 (木)

ブラッド・ピット、友人に約370万円のバイクをプレゼント!

ブラッド・ピットブラッド・ピットが、スタントマンの友人に3万7000ドル(約370万円)のバイクをプレゼントした。友人の自宅が火災に遇い、所有していた特別なバイクも焼失してしまったことを耳にしたブラッドは、1936年製のレア物のハーレーダビッドソンのバイクを世界中で探し求め、唯一ドイツで見つかった1台をすぐさま購入してこの友人に贈ったのだという。そんなブラッドの思いやりある性格は共演者たちの知るところでもあるようで、第2次世界大戦を舞台にした『フューリー』の撮影でブラッドと共演したクリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッドは、ブラッドの親切さと謙虚さに感銘を受けたと語っていた。

アンセル・エルゴートが天才ピアニスト、故ヴァン・クライバーン役に!

アンセル・エルゴートアンセル・エルゴートが、新作伝記映画『ヴァン・クライバーン』で天才ピアニストであるタイトルロールを演じることになった。『さよならを待つふたりのために』や『ダイバージェント』への出演で人気急上昇中のアンセルは、23歳で流星のように現れ、無名ながら1958年にモスクワで行われた第1回チャイコフスキー国際コンクールで優勝をさらったクライバーンの生涯を綴ったハワード・ライヒ著の伝記本をもとにした作品で主演を務める。この作品は冷戦時の核爆弾開発レースの時代を舞台に、人工衛星「スプートニク1号」の打ち上げでアメリカを出し抜いた後、旧ソビエト連邦がいかにして同コンサートを開くことで今度は音楽の世界でアメリカより優位なところを示そうとしたかを描いた作品となる。1978年に引退し、2013年骨腫瘍で他界した天才ピアニストを演じることになったアンセルは、自身もピアノを演奏し、『フェーム』のモデルとなった芸術学校、ラガーディア高校を卒業している。

ミーガン・フォックスとブライアン・オースティン・グリーン夫妻、新居を購入

ミーガン・フォックス、ブライアン・オースティン・グリーンミーガン・フォックスとブライアン・オースティン・グリーンが、かつてはビング・クロスビーの自宅だった物件を購入した。1歳8ヵ月のノア君と4ヵ月のボーディ君のいる夫妻は、335万ドル(約3億4000万円)を費やし、「ホワイト・クリスマス」などで知られるビングのカリフォルニア州トルーカレイクの自宅敷地内にある馬車置場としてかつては使用されていた6710平方フィート(約623平方メートル)を擁するランチ様式の物件を購入した。4つの寝室に6つのバスルームを持つこの物件は、2008年に行われた大掛かりな改築工事を経てモダンな作りへと変化を遂げており、現在では多くのむき出しになった木のはりやスレートを使用した床を備えた開放感のある生活空間になっているという。6年間の交際を経て2010年に結婚した夫妻は、4年前に300万ドル(約3億円)で購入したロス・フェリズの自宅をつい数週間前に399万5000ドル(約4億円)で市場に出したばかりで、こちらの物件はまだ売却されていない。

2014年6月25日 (水)

クリスティン・ベルが妊娠!

ダックス・シェパード、クリスティン・ベルクリスティン・ベルが再び妊娠したようだ。『アナと雪の女王』でアナの声を担当したことでも知られるクリスティンが夫ダックス・シェパードとの第2子を妊娠していることを発表し、家族そろって15ヶ月の長女リンカーンちゃんに弟か妹ができることを心待ちにしているという。昨年10月にロサンゼルスで控えめな挙式を行ったクリスティンとダックスだが、クリステンは自身が姉たちと育った経験から、兄弟姉妹の関係がとても重要だと感じているため、最近になってできるだけ早くもっと子供が欲しいと語っていたところだった。そんなクリスティンとダックスは2007年に交際を始め、2010年に婚約していたが、カリフォルニア州で同姓婚が合法になるのを待っていたことから晴れて昨年結婚するに至っている。

マシュー・マコノヒー、『Magic Mike XXL』への出演料は高すぎ?

マシュー・マコノヒーマシュー・マコノヒーの高額な出演料が理由で、『Magic Mike XXL』へ出演しない可能性が出ている。2012年の『マジック・マイク』で年配の男性ストリッパー、ダラスを演じたマシューだが、アカデミー主演男優賞の受賞となった『ダラス・バイヤーズクラブ』への出演など最近の活躍を受けて出演料が高騰していることから、マシューの出演がなくなる可能性が出ていると共演者のガブリエル・イグレシアスが明かした。主演のチャニング・テイタムの指揮のもと製作されるこの続編は、前作でメガホンを握ったスティーヴン・ソダーバーグに代わり、前作では第1アシスタントを務めたグレゴリー・ジェイコブズが監督の座に就く予定になっており、出演が決定しているジョー・マンガニエロは撮影が今年後半に開始されると明かしていた。

トム・クルーズ、『スター・ウォーズ』にカメオ出演?

トム・クルーズトム・クルーズが『スター・ウォーズ エピソード7』でカメオ出演を果たす可能性があるようだ。同作の監督を務めるJ・J・エイブラムスは『M:i:III』でメガホンを握ったこともありトムとは親しい間柄で、2人はトムの役柄について話し合うため会っていたようだと報じられている。現在同作はイギリスで撮影中だが、J・Jはチャンスがあればトムとはいつもで仕事をしたいと考えているため、トムがロンドン滞在中に打ち合わせをしたようだ。先日のハリソン・フォードの撮影中の事故により、ハリソン復帰までスケジュールに余裕が生まれるため、そこで何か新しいことに取り組めるのではないかとも言われている。そんな中、続編となる「エピソード8」「エピソード9」では『LOOPER/ルーパー』を手掛けたライアン・ジョンソンが脚本兼監督を務めるのではないかと噂されている。

クリス・ヘムズワース、妻エルサ・パタキーのプレイボーイ誌への写真撮影を禁止!

クリス・ヘムズワース、エルサ・パタキークリス・ヘムズワースは、妻エルサ・パタキーがプレイボーイ誌への写真撮影を禁止したようだ。クリスとの間に2歳の娘インディアちゃんと3ヶ月の双子サシャちゃんとトリスタン君をもうけているエルサは、出産後とは思えない見事なボディをプレイボーイ誌で披露したい意向だが、クリスは小さい子供たちの母親であるエルサがプレイボーイ誌おなじみの露出の激しい撮影に挑むのは不適切だと考えているという。エルサは双子の出産後すぐに元の見事な体型を取り戻しているが、2ヵ月前は専門家のアドバイスに従い、すぐにシェイプアップに取り組むつもりはないと話していた。当時エルサはエクササイズの代わりに健康的なジュースで体内浄化を図っていると語っていたことから、そのジュースの効き目が抜群だったのかもしれない。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ