« ライアン・ゴズリング、故バスビー・バークレーの伝記映画の製作か? | メイン | アンディ・サーキス、『ジャングル・ブック』の実写版を監督か? »

2014年3月24日 (月)

ダグ・リーマン、トム・ハーディ主演最新作『Splinter Cell』の監督へ?

トム・ハーディダグ・リーマンが、トム・ハーディ主演の最新作『Splinter Cell』の監督を務める方向で交渉中のようだ。桜坂洋のライトノベルを原作とした『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の監督を務めたリーマンが、人気コンピューターゲームの実写版監督に向けて話し合いを行っていると言われている。トムは、ゲームのストーリー内でテロリストたちに立ち向かうアメリカ国家安全保障局内の秘密組織のスペシャル・エージェント、サム・フィッシャー役を演じる予定だ。ゲーム版は2002年に初めて発表されて以来、6作品が発売されており、これまでに2300万本以上の販売数を誇っている。そんなトムには、『The Drop』のほか、ノオミ・ラパス、ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン出演の『チャイルド44』などの新作が控えている。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ