« ベン・スティラー、『ズーランダー2』が製作延期へ | メイン | キム・ベイシンガー、スーパーモデルになりたい娘の夢を全力でサポート! »

2013年12月25日 (水)

クイーン・ラティファ、辛い時期にアルコールに頼ったことを後悔

クイーン・ラティファ クイーン・ラティファが、過去辛い時期にアルコールに頼ったことを後悔しているようだ。1995年に暴力的なカージャック事件に巻き込まれ、友人が撃たれて死にかけた経験により、その痛みを和らげようと長年アルコールに頼った生活をしてきたラティファだが、そうした経験を経て何事もポジティブな面に目を向けることを学んだそうだ。さらにラティファは、兄のランスロット Jr.さんが自らがプレゼントとしてあげたオートバイで事故を起こし、1992年に亡くなった頃も、自分の人生は根底まで揺さぶられていたと告白している。ふくよかな体型でお馴染みのラティファだが、ハリウッドのステレオタイプに惑わされることのないように、一生懸命に仕事に打ち込んでいるとか。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ