« ナオミ・ワッツ、故ダイアナ妃役を2度も断っていた! | メイン | ジャスティン・ビーバー、カナダのナイトクラブで暴漢に襲われる »

2013年9月 3日 (火)

ヴァンサン・カッセル、『チャイルド44』でフィリップ・シーモア・ホフマンの代役に

ヴァンサン・カッセル

ヴァンサン・カッセルが、新作『チャイルド44』のキャストに加わった。トム・ロブ・スミス原作のベストセラー小説をダニエル・エスピノーサ監督が映画化する本作で、当初出演予定だったフィリップ・シーモア・ホフマンが急遽降板したことを受け、ヴァンサン・カッセルが土壇場で代役として出演契約を結んだという。ストーリーは、1950年代の旧ソ連時代を舞台に、国家保安省の敏腕捜査官であるレオ・デミドフが一連の幼児殺人事件を調査するうちに、数々の政府高官に対する事件証拠が積み重なっていく中、主人公レオが危険なワナの渦中に陥ってしまうというもの。ヴァンサンは同アクション・ドラマで、ノオミ・ラパス、ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、ジェイソン・クラークらと共演することになる。そんな新作『チャイルド44』の撮影は6月からすでに開始されていて、来年にも公開が予定されている。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

カテゴリ